オタクのおっさんの戯言

ちょっと驚き

タミヤ社長の田宮昌行氏が死去

ご冥福をお祈りして合掌(-人-)

実はつい先日、ホントたまたま以下の本を本屋で見つけて読んだところだったので、ちょっと驚きました(以前書いたように、タミヤのシャーマンイージー8を作ったとこでしたし)。

伝説のプラモ屋-田宮模型をつくった人々田宮模型の仕事(両方とも、著;田宮俊作;現 タミヤ会長)

外国の方に良く知られている日本メーカーのトレードマークに、タミヤのツインスターがあります。これのTシャツを着た外人さんを見かけることもあったり。

国内では、私のようなおっさん世代はスケールモデル、もう少し若い世代ならミニ四駆で有名でしょうか。

いずれにしろ、世界的に名前を知られている日本メーカーの一つだと思います。

↑の本には、田宮模型がそうなるに至った経緯が書かれています。

個人的に、非常に感銘を受けたのは、かなり早い段階から海外進出をしていたこと。

一部電機メーカーなんかは、国内マーケットに注力していたせいで、結果的に「ガラパゴス化」してしまって海外進出が遅れ、惨憺たる現状になっているのと比べると、極めて対照的だと思います。

日本の高品質な製品を、海外展開する。

今となっては当たり前のように言われていることですが、それを数十年前から、大変な苦労をしながらも、情熱をもって着実に行ってきた田宮模型という会社はすごいもんだなと思います(それでいて、非上場)。

某家電メーカーなんかは、ちょっと爪のあかでも煎じて・・・と思ってみたりw

現在は、日本国内に限らず、海外でもプラモデルはキャラクターモデルが主流ではありますが、この田宮模型なくして今のプラモデルはないのではないかと思います。

プラモデルの礎を築いた田宮模型という会社がどういう会社なのか知りたい方、あるいは「ものづくり」というものに興味がある方には、ぜひ読んでいただきたい本です。


追:
ちなみに、海外Amazonのサイトを見ると、ホビー関連の人気動向がわかります。

アメリカAmazon(Model Kits)
ガンプラつえー

イギリスAmazon(Model Building Kits)
プラモ文化があんましなさげ。
それでも、タミヤのチーフテンなんかは高評価。

ドイツAmazon
めっちゃハンドスピーナーw タミヤはミニ四駆。
さすがに、戦争ものは微妙なお国柄か。


図ったように

引っ越し前の事前チェックで、こちらはハチュ屋さんの空白地帯ってのをネットで確認しておりました。

こりゃ、なんかの時には東京の方に出るしかないか、と思っていたのですが、ホントつい先日、大型ホムセンにハチュコーナーが開設されたとのこと。

なんという奇跡(笑)

ネットでは、ハチュ屋がほとんどないので、どこかにできれば、そこに人が集まるのになぁ、ってなコメが出ていましたが、まさかこのタイミングでできるとは思ってなかったのでちょっとびっくりしました。

まあ、こちらのハチュ飼育人口がどの程度かは置いといて。

ということで、ちょいと店の様子を見に行ってきました。

売り場としてはそこそこの広さ。飼育道具、餌など最低限のものはそろっている様子。イエコも置いてあったので、一安心。
ただ、CGDとか私が使ってるヒーター(エミート)なんかは見当たらず。んー、このあたりはネットショップで買うかなぁ。
あと、個人的にはビバガとかハチュ雑誌の最新刊はおいてほしいかな。

生体の方は、レオパ、クレス、ボール、コーン、フトアゴ、イエアメ、ツノガエルなんかのごく定番のものは一揃い並んでいました。
カメレオンもいたのにはちょっとびっくり。

あとは、イグアナとかモニターとかインドシナウォータードラゴンとか・・・
このあたりは、ホムセンに売り場がある都合上、品ぞろえとして致し方ないのかなぁ(--

全体的には、必要最小限のものはそろっているけれど、そこからもう一歩の部分がちょっと足りないかなって感じ。オープン直後なので、まだこれからってところかもしれません。

さきに書いたように、こちらはハチュの空白地帯的なとこらしいですが(昔はショップがあったり、熱帯魚屋に併設されたりしていたものの、ほとんどの店が閉められたらしい)、これをきっかけに、ハチュ飼育者にとっても住みやすい場所になるといいなぁ。

てなところで、今週のクレスさん。



続きを読む

今年は見送り

こちらもようやっと気温が上がってきましたが、夜はまだ少し低温気味。やはりこちらは気温が低め。
感覚的には、4月に引っ越してきたものの、そのまま関東の3月頃が続いてた感じ。

tubaki170505

そんな中、椿は新葉を開き始めました。
さすが、常緑樹とはいえ寒冷地仕様の植物。萌黄色の新芽が目に鮮やかです。

さて、本当であれば、今年はサボタニの植え替えの年なんですが、今回は見送ることに。
ようやっと生活が落ち着いてきたところなので、今年のGWは休息にあてときたいなと f(^^;

でもって、新しい環境で栽培管理を仕切り直するか。


うちのこと

さて、引っ越した家ですが、以前、某東海県で住んでいた家とちょっと感じが似ています。

古い建屋を今風にリフォームしたはいいけれど、なんかちょっとずれちまってる。

ってところがw

以前の家ように、

・とりあえず壁をぶち抜いてリビングを広くしました!→広すぎて冷暖房効率が劇悪
・電話ジャックが玄関→リビングまで回線引っ張るハメに

みたいなことはないのですが、それでも間取りがなんだか微妙な感じではあります。
あと、以前住んでたとこよりも、収納スペースが減ったのが、荷物持ちの私にとっては何気に痛かったり。古い時代の建物は、収納スペースではなくタンス前提の作りだからなぁ。

そして、間取りや収納スペースよりも何よりも、個人的にあっちゃー(ノO`)と思うのは、

賃貸備品の照明が、間接照明的なやつ

なこと。暖色系の照明な。おかげで、照明つけても部屋が薄暗い orz
賃貸だと照明付きの方が・・・って人もいると思うのですが、私は照明器具もってるので、ぶっちゃけこれはいらなかったなぁ。
備品だからはずせんし・・・

あと、台所のシンクが狭く使いづらい。

この大きさだと、数人分の洗い物をするのは結構厳しいと思うんだが・・・
加えて、ステンレスのシステムキッチンではなく、木製のやつだし(木製の方が安い)。

逆にちょっと驚いたのは、IHクッキングヒーター。
最初、IHは火力がなぁ・・・ガスコンロ持ってるんだが、と思ってましたが、ガスコンロとそん色ないぐらいの火力が出ます(@@
最近のIHはすげえな。

IHのおかげで、ガスだと必須の「ガス警報器」の取り付けも不要。これは思ったより便利。

ただし、換気扇がめっちゃ後付のレンジフードなのには笑いましたが(苦笑)。

とまあ、今の新居は全体的に見て、以前住んでた東海県の住居よりはいいけれど、今の前に住んでた関東県の住居には劣るって感じ。

なんというかこう、ちょっと勘違いした若夫婦とかが好きそうなイメージw
(というか、夫婦に子供一人ぐらいじゃないときつそう)

古い建屋をリフォームするのはいいんだけれど、結局のところ住みやすい&使いやすい住居って、奇をてらわず、オーソドックスな作りのやつなんだなぁとしみじみ思いました。

ちょこちょこと自分の使いやすいように配置とかいじっていくか。そのうち慣れるし←経験上


追:
引っ越し先でつきものなのがゴッキー。
今の新居にはチャバネゴッキーのご家族がお住いのようで少々手を焼いております(黒ゴッキーじゃないところに地域性を感じます)。

入居したとたんに見つけたので、すぐさまホウ酸団子的なのを買ってきて設置しましたが、なかなか思ったような効果が上がりません。ぶっちゃけ、一日に1匹ぐらいのペースで見かけます。気温が低めで、まだ不活発だからなかなぁ。

私の場合は、ゴッキーに特段の抵抗はなく、しかも相手がチャバネゴッキーなので、発見次第即はたいて処分してますが、この手が苦手な人にとって、

何気に引っ越し先で真っ先に必要なのは殺虫剤

なのかもしれない、と思ってみたり。


きゅーけー

世間様はGW。あてくしも、とりあえずお休みをば。

内1日は仕事でしたが

それでも、高速使った出張だったにもかかわらず、まったくと言っていいほど渋滞がなかったのには驚きでした。
さすが、北陸。昔、関東近郊でGWに出張行ったときは、渋滞すごくて途中から下道で帰ったものなぁ。そういう意味では、GW中にしては、比較的楽な出張ではありました。

本当は、もう1日仕事が入りそうだったのですが、GWのため宿泊場所が取れなかったこともあり、今回は別の担当者にお任せしました。+ちょっと休みたかってん(本音)。

といったところで、郵便料金が上がる前に転居お知らせ手紙を発送したり
転居すると、こういうこまい作業がばらばらと続きます(苦笑)

あとは、幸いにも天気がいいので、家の周辺を探索したり。

周辺を回ってみてちょっと不思議に思ったのは、なぜだか意外と神社がない、ってこと。
あるにはあるのだが、改築されてから年数がたってないとか、さい銭箱が社殿の中にしまわれてたりとか。
なんかこう、基幹的な感じの神社があんまし見当たらない。

うーん、うちの周辺って、昔は何にもなかったのかもしれんなぁ。

プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器