オタクのおっさんの戯言
繰り返される物語
2017年10月09日 (月) | 編集 |
君の膵臓をたべたい(著;住野よる)、読了。

書店で初めてこの本を見た時、「なんだこれは?!」と思ったのが最初の感想。
題名でひくというのは基本ではあるが、ここまでインパクトがある題名も珍しい。

そして次に思ったのが、「まさか出落ちでは・・・」。
題名や帯に騙されて手を出した作品は幾知れずなもので(笑)

と、ずーっと気になっていた本作、単行本版が出たので読んでみました。

人気本トップランク入りするのも、なるほどとうなずける内容。

時は夏。ボーイ ミーツ ガール。恋愛一歩手前。そして大切な人の早すぎる死。
何度も繰り返し用いられているモチーフですが、それを「今」という味付けできれいに描き切っています。

以前書いた英雄譚なんかもそうですが、たとえ時代は変わっても、普遍的に受け入れられる、好まれる物語というものが確かにあって、本作もそういったものだと思いますが、そこで重要になってくるのが「時代観」だと思います。
本作はその時代観の描き方が良いなと。むしろおっさんなんかは、「あー、今の感覚ってこうなんだ。」と教えられたり(笑)

いずれにしろ、まったくもって出落ちでも何でもなく、むしろ題名が深い意味を持つ良作だと思います。

追:
この手の話を読むとこれを思い出すんだよなぁ。

 映画冒頭の主人公の背中と、このスランシス・レイの名曲。

私的に、セカチュー(全くの未見ですが)の時には、死ぬのは女性の方で、原因は白血病かよ・・・と、若干、「やれやれ」感があったのは否めません(苦笑)



ヒーター入れました
2017年10月01日 (日) | 編集 |
ここのところ急に気温が下がってきました。
特に夜温がかなり低くなってきたので、とりあえずパネヒを入れることに。10月の頭からパネヒとは、今までになく早いかも。

さすがにこちらは冷え込みが早いんだなぁと思いましたが、地元の人に聞くと、例年と比べても冷え込みが早い様子。
今年は全般的に低温傾向だったかもしれんな。

冬が寒くなければいいのだが(--

てなところで、今週のクレスさん。


[続きを読む...]
そーゆー展開かー
2017年10月01日 (日) | 編集 |
Spotted Flower 3巻(著;木尾士目)、読了。

奥さんが無事出産。子供の名前が・・・なので、げんしけんの後、って話ではないという位置づけを確定。
あくまでも、げんしけんのキャラ設定を使った別物語ということなんでしょう。

で、奥さんが子供産んだ後の、班目的旦那さんですが、いやー、久々に木尾さんの闇展開を読みました(笑)。
4年生とか5年生の時のようなドス黒さ。これが本来の持ち味だったんだよなぁ、と改めて。こういうの書かせたらさすがだなと。
逆に、げんしけん2代目で足りなかったのはこれだったんじゃなかろうか。

と、まあ、これはこれなんですが、本巻の後半部分は班目的夫婦の話から、別の方へと展開。
なんか最初の頃と話が違う(笑)。

ここから先がどうなって、どうまとめていくのか。
最初の頃のドス黒さを取り戻した木尾さんに期待。


具体例~杖
2017年10月01日 (日) | 編集 |
ゴエティアの話題。

壊塔戦~序、開催中。
今回のAwakenは難易度がほどほどなので比較的やりやすい。周回必要なのは、やっぱこれぐらいのがいいよなぁ。
最近のは硬すぎたり、難易度上げすぎたりでいかがなもんかと思います。

~ 閑話休題 ~

今回は杖の育成を。

baru
バルバトス。
状態異常を防ぐ;ピュリファイ、全体回復魔法;オールリカバーと、ヒーラーとして超優秀なスキルを所持。
もはや、1体は必須の仕様(特に状態異常対策)。
って、特定の魔神必須、みたいな仕様ってどんなもんなんかね?

ちなみに、狩猟の魔神がなして杖?と思いましたが、結局、弓でも登場。最初から、弓でよかったんじゃ・・・

paimon
パイモン。通称;わっちゃ。なぜに和服?

完全成功の蘇生魔法;リザレクションを所有しているが、全体回復魔法がなく、使用頻度低い(というか、ほぼ餌)

© 2017 Appirits All rights reserved.

○基本
・いわゆる、ヒーラー=回復役。
魔法火力がないではないが、火力運用はほぼ趣味(遊び)の世界といってよい。

・回復量にMNDが関与しているが、関与量が少なすぎ、現状、MNDを頑張ってあげる必要性は薄い。

○育成方法
・というか、現状、バルバトスを入手して育成する、というのが最初の目標になってるぐらいなので、ある意味育成もへったくれもない。

・バルバトス前提で考えれば、ヒーリングロッド、オールリカバーは必須積み。ピュリファイは敵次第とはいえ、ほぼデフォで積むことになるので、残り;スキル×1、マジック×2をなにで埋めるか?だけの話になる。

・バルバトスがいない場合でも、全体回復魔法、単体回復魔法、状態異常対策(キュアペイン)あたりはデフォで積むことになる。

・残りの枠埋めの候補としては
スキル:ペイン系、シンク系、弱体化系(ウイークネス他)
マジック:ポイントバリア、蘇生系(リヴァイブ、リザレクション)

・ヒーラーなので、敵視を取らないことが最重要。敵視低下のパッシブ、刻印を活用したい。
加えて、HPも多少強化しておくとよいが、敵視を取らなければ、そうそう落ちることもない(意外と丈夫)。

○装備
・防具は布装備限定。

・武器はHPが大きく上がるヒュドラ系のケーン(エリアポ)、MNDが上がるスネイク系のケーンあたりが定番。
どちらにするかは好みでもいい程度。
(さきに書いたように、MNDの効果が微妙なので、ヒュドラ系のケーンでも回復量は問題ない。逆に、エリアポ必要なほどHPがいるか?という問題もある)

・逆にMPと各種属性攻撃が上がるワンド系は、今となってはネタ装備のような気がする。
そもそも、回復魔法の種類が増えたので、ガチ積みすると火力魔法入れてる余裕はない。

・ポイントバリア(ダメージ軽減)は、回復魔法の種類が増えてきた現状、優先度は低くなっているが、それでも、PTや敵によっては有用な場面がある。

ダメージ軽減とHP回復は、効果としては似たようなものととらえられがちだが、
 ポイントバリア:ダメージを食らう前
 ヒール:ダメージを食らってから
というのが決定的に異なる。

あらかじめ、ポイントバリアをはっておくことでダメージを軽減し、その後の回復を楽にすることができる。

ポイントバリアは自PTだけだから、他PT回復魔法の方が有用、というのは一理あるが、
ダメージばんばん食らって、他PTのヒールを吸う係になるぐらいだったら、ポイントバリアで軽減しろよ!
って状況もしばしばあったりする。

というわけで、相変わらず有用な場面はあるのだが、すぐに剥げるし、リキャスも長いしで、運用は場面を選ぶといったところか。

○まとめ
・今となっては純然たるヒーラー。
一時、火力運用の杖を見たこともあったが、現状では全く見かけなくなった。

・ヒーラーなので、死なない/ダメージを食らわない(敵視を取らない)、回復量、にだけ注意していればよいので、育成自体は一本道で悩むところはあまりない。

・それよりも、実際の使用にあたって、場合によっては手動回復をうまく駆使する必要があるのが悩ましいところ。

・あと、現状、バルバトス必須になっているところが、~微課金者にはつらいところか(この仕様もどうかと思う)。

少し日をあけるか
2017年09月24日 (日) | 編集 |
以前書いたように、ちび助さんへの餌やり、ほぼ毎日おこなってきましたが、ここのところちょっと食欲が落ち着いてきたかな?って感じ。

体も縦方向ではなく横方向に大きくなってきた感じがするので(笑)、ぼちぼち給餌間隔をあけてみるかな。

いずれにしろ、クレスさんはふ化後1年ぐらいは、少量を毎日与えた方が良さげな感じがします。レオパのように栄養をためこむようなしっぽみたいな器官もないしね。

てなところで、今週のクレスさん・・・はデジカメの電池切れで写真が落とせませんでした(汗