オタクのおっさんの戯言
産卵床【クレスさん】
2015年05月17日 (日) | 編集 |
めでたく、2世誕生となったクレスさんですが、きりかさんは3クラッチ目を産卵。

産卵間隔は約1ヶ月弱ぐらいとみえますが、実は、前回採卵と今回の間に1クラッチ産卵していたっぽいので(ポトスの鉢植えの中に発見)、これまでの経験から行くと、だいたい3週間ちょっと間隔ぐらいかなと思います。
やはり、日暦というよりは月暦に近いのかな?

生命の誕生にはお日様よりお月様の影響が大きいのかもしれません。

さて、ふ化した2世の方ですが、ケージの中をちょろちょろ動いているものの、すでに2個体で個体差が出ているように思います。

きりかさん似の方は活発で、活発に動き回る反面、ナルカミ君にの方はちょっとおとなしめ。わりとじっとしていることが多いように思います。

ちびっちゃくても個性ってあるもんだなぁ。

てなところで、今週のクレスさん。






cres1-150517
産卵のため産卵床を掘り返していたら、某泥棒メイク風になってしまったきりかさん。

↑に前のクラッチはポトスの鉢植えに産んだかも・・・と書きましたが、その時、「そろそろ産卵も終わりかな?」と思っていたので、産卵床が結構乾いた状態でした。

個人的な感覚ですが、クレスは乾燥している場所には卵を産まないような気がします。
逆に湿っていれば、(他に適した場所がないと)鉢の中や床材にそのまま産卵してしまうようです。

産卵場所として湿った場所を好むということは、ふ化にも湿度が必要なのかも?というのが、前回「ふ化には高湿度が必要」
と書いた理由の一つになっています。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック