オタクのおっさんの戯言

ご冥福をお祈りいたします

先日、桂米朝さんがお亡くなりになりました

昔、ある人が、「米朝師匠には色気がある。」とおっしゃってましたが、なるほどと思いますな。男の私から見ても、なんともいえん「雰囲気」というものがある、そんな方やったと思います。

大阪弁というと、なんやがちゃがちゃした、ともするとガラの悪い言葉やと思われておりますが、ほんまは商人が使う「角のないまるい言葉」やと思います。米朝さんが語られる、いわゆる「船場ことば」はまさにそれやと思いますな。

こういう独特な色気と雰囲気、そして端正な芸というのんを、最近はなかなか見かけんようになりました。

ご逝去を惜しむとともに、ご冥福をお祈りいたします(-人-)



米朝さんといえば私的にはこれですな。「味の招待席」
私が「フランベ」なんてな言葉を覚えたのは、この番組からですな。

でもって、語尾に「な」をつけたもんですな。
なつかしいですなぁ。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器