ようこそ、日本へ~

以前、「ちょっと椿が欲しいなぁ。」ってな話を書きましたが、なかなか入手する機会がなく。

今年もこのまま終わりかなぁ・・・と思っていたら、駅の掲示板に「つばき展」の広告が!

おお~、ナイスタイミング!と早速行ってきました。
しかし、最近、駅の中づり広告とかでイベント気づくことが多いなぁ。しかも、絶妙なタイミングで。

展示の方は、屋外で大型の鉢物。
tubaki150307-7

tubaki150307-8
これぞ椿!って感じの花ですね。
花だけでなく、葉の作りも素晴らしい。緑の照葉と赤のコントラスト。

tubaki150307-9
昔は、くっきりはっきりした花色、例えば黒侘助なんかが好きでしたが、最近はこういう淡い桃色がいいなぁと。年取ったせいかなぁ(^^;

tubaki150307-10
八重の斑入り。赤と白のコントラストが美しい。

tubaki150307-11
椿がこんな感じに咲くとはちょっとびっくり。こう、ぽつぽつ咲くもんだと思っていたので。
品種と作る方の技術なんだろうなぁ。

tubaki150307-12

tubaki150307-6
獅子咲きかな?八重や獅子咲きになるとボリュームがでてきます。千重咲きともなるとまるでバラのようで、ぱっと見、椿に見えないほどになります。

ボリューム感があって豪勢な花ですが、個人的にはすっきりとした一重の方が好きかな。

tubaki150307-13
白斑。美しい。
白雪に紅椿、日本の冬の美しい風景の一つだと思いますが、それを一つの花の中に映し出しているような清冽さがあります。

tubaki150307-14
覆輪八重花。
椿の名花に「玉の浦」がありますが、それの八重のようです。くっきりとしたコントラストとボリューム感が素晴らしい。


室内では、盆栽仕立てのものと、花見本のような感じで一輪挿しが展示されていました。
tubaki150307-15
根上り盆栽かな?これだけ見事に咲かせるというのはすごい技術ですね。


そして、会城(笑)内の庭園にも、もう時期は終わりかけですが、いくつか花が残っていました。
tubaki150307-2
唐子咲。
おしべが花弁化したもの。八重とはまた違う独特のボリューム感と美しさがあります。

tubaki150307-3

tubaki150307-4

tubaki150307-5

椿は学名;Camellia japonicaの通り、日本を代表する花木だと思います。茶花にもよく使われます。
昔、日本からヨーロッパへ持ち込まれたものが人気を博し、「椿姫」のモチーフになったのは有名な話。
色を失った冬の景色に咲く赤花に、どこか心をつかまれます。

そんなわけで、前々から少し手元におきたいなぁと思っていた次第。
木ものではありますが、生長が遅い低木なので、まあ、うちでもなんとかなるかなと(^^;

あと、以前少し書きましたが、私が小学生のころ、山で見つけた椿の苗を、田舎の庭に植えていたところ、白花のきれいな椿に育ちました。1本立ちの苗が、こんなにもなるものかと驚いたものです。
ところが、その椿を、阪神大震災のどさくさで失ってしまい・・・(泣
それ以来、椿には何か心に引っかかるものがあるんですよね。

といったところで、即売場もあったので(というか、メインはこちらというw)、3鉢ほど買ってみました。
そのうちの一つが、
tubaki150307-16
出雲大社藪
ネットで見ていて欲しいなぁと思っていた品種。出物があってよかったです(^^v
小ぶりでいかにも茶花という感じの花ですが、↑に書いたように、年のせいか、最近はこういう花がよくなってきましたw

椿には、なんかこう、日本的ななごみを感じて癒されますね。
tubaki150307-1

城内では、梅もきれいに咲いていました。
木に春と書いて「椿」。
春ももうすぐ。


追:
梅と桜は風景。椿は点景。
城内のを見ていてそんな感じがしました。


スポンサーサイト
2015-03-07(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR