オタクのおっさんの戯言
やっとだ・・・
2015年03月01日 (日) | 編集 |
妖怪大戦争(監督;黒田義之)、を見る。

デアゴスティーニの「大映特撮DVDコレクション」から。

あ~、やっとというかついにというか。最初に見てから何年たったろう(遠い目)。

深夜の特撮特集かなんかでTV放送されたこともあったんだが、野球だか何だかの影響で放送時間がずれ、途中までしか録画できておらず orz当時の鉄板あるあるネタではあるけれど。

そんなころから幾星霜、たまたま本屋で見かけて即購入。やっとこ全部みることができました。
まあ、大映特撮DVDのことは前から知っていたんだが、さすがに定期購読するつもりはなくて(^^;。ほんといいタイミングで目についたよなぁ。

と、前置きが長くなりましたが、大魔神に続く時代劇仕立ての大映の特撮映画。一部のマニアには有名な作品ですな。
2005年に三池監督で同名のリメイクも制作されております(妖怪大戦争(2005年版))←ちなみにこちらは見てません(汗

で、内容ですが、

内容はき・く・な~

ということでw
そりゃまあ、あの時代だしね。
ただ、さすがにそこは大映、大魔神と同じくドラマパートは結構しっかりしていますし、当時の時代劇感がよく出ています。

爆発こそが特撮

みたいな某系列の映画とはやはり一味違うよなぁ。
てか、ほんと、あの系列、なんであんななっちまったんだか。海外リメイクの方が・・・(ゴニョゴニョ

と、ごく一部のマニアなおっさん向け作品ではありますが、なにかと妖怪だらけの昨今、またリメイクされてもよい作品かと思います。内容的にも、このご時世に合うところがあるしね。

「このままやったら日本のお化けの名折れやで!」 by 油すまし


追:
同じような感じで大魔神もリメイクされていい作品だと思うんだがなぁ。
ちなみに、大魔神は1作目「大魔神」が好き。怒ると逆襲はいまいちだったかな。

追:
ディアゴスティーニのシリーズで、妖怪大戦争の次はガメラvsギロンでした(すでに発刊終了)
ギロンはすごいよね~。インパクトのでかさであれに匹敵するのはちょっとない。最初見た時のおどろきはハンパなかったw


ホントおかしい。いろいろおかしい。

追:
で、今週は、「宇宙人東京に現る」
これもまた一部のマニアに、ヒトデとかデカラビアの原型として有名な作品だが、さすがの私もこれはなぁ・・・

追:
てな感じで、「妖怪ブーム」って定期的(?)におこっている。
理由はよくわからないが、子供受けする、というだけではないような気はする。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック