オタクのおっさんの戯言

食べるということ

深夜食堂(劇場版) (監督;松岡錠司)、を観に行く。

観客、おっさん率高いな! 
ええ、私もその中の一人ですが何か?

原作は、このブログでも紹介している同名の漫画。TVドラマも放映していて、これはそのTVドラマの劇場版という位置づけ。
ちなみに、TVドラマは未見です。

まず、キャストは原作のイメージ通り。
マスター役の小林薫さんはじめ、主要な登場人物は原作と違和感なし。このあたりは原作読んでいてもスッと入っていけます。

ただ、この劇場版は、ちょーっとまったり感が不足してるかなぁ。台詞が多いというか早いというか。
もう少し間を取ってゆったりめにして欲しかった。

加えて、原作は日常の常食と人情話の組み合わせの妙が面白さですが、本作はその関連性が今一つ薄いような気がします。料理のアップも、もう少しあって欲しかった。みてていまいち腹が減りません(笑)

そして、3つの短編を組み合わせて1本にしているのですが、各話のつながりが今一つ薄い。もう少し流れがあってもよかったように思います。特に最初の「ナポリタン」は後半部分に全くつながらないので、そこだけ浮いてしまってるような感じ。
季節感で時間の移り変わりを描いていますが、そこも少し弱い気がします。

で、ラストに田中裕子さんが全部持ってった感がすごい

と、全体的に悪くはないのですが、今一歩足りないなぁというのが正直な感想。
劇場まで見に行くかというと、うーん(^^;、てな感じだなぁ。

追:このTVドラマのテーマ曲がすごくいい。

劇場版もこのテンポを期待していたんだが。。。

追:
半村良の人情ものもそうだが、こういった世界観というか空気感を、一体どこにおいてきてしまったのだろう。
なくしてはいない、そう思いたい。

追:
深夜食堂の料理帖(著;飯島奈美)、も発売中。

sinyasyokudou150212
お茶漬けのレシピがのってるという優れもの。たこさんウインナーもありますb

一昔前はグルメブームってやつで、究極だ、至高だってのが流行りでしたが、食べるということはそれだけではないやね。
1日3食とすれば、年に1000回以上食事をしている。食事とはそういう日常の一部。

目で見、耳で聞いて思い出す記憶のほかに、舌で味わって思い出す思いでというものが確かにある。
そしてそれはどこか懐かしい。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器