オタクのおっさんの戯言
戦う・・・
2015年01月12日 (月) | 編集 |
新年も2週目に突入。

昨年、それなりには漫画読んだものの、基本的に続刊読んでるだけなので、あたらしいのはあんまし読んでませんが、個人的に当たりだったのは、先日ご紹介した 放課後さいころ倶楽部、かな?あと、魔法使いの嫁もよかったです。

その他、いぬやしき、個人的な趣味ですが、おやこっこ、が面白かったかな。

てなところで、新年最初にご紹介するのは、

GROUNDLESS(著;影待 蛍太)、読了。

いきなりちょっぱながこれかよ!というご意見もあるかと思いますが、最初からこれです

内容は、ある架空の世界を舞台にした戦争(内紛)もの。
ある事件により隻眼となった女性がスナイパーとなって・・・というお話です。

戦争ものというと、小林源文とか小林源文とか小林源文とかありますが(ヲイ)、本作品もリアル世界ではないものの、戦争というものの一面を見せてくれます。

そして何より、読ませます。

うまい。うまいね。見せ方がうまい。
抑圧の後の開放。メリハリのついた緩急。よく心得ていらっしゃると思います。

若干難癖をつけるとすれば、架空世界なので、戦う意味や各個人のバックグラウンドがやや弱いこと。
2巻でががっと説明されますが、そのあたりが描かれ、各人の戦う意味に厚みが出てくれば、もっと面白くなると思います。
このあたりは今後に期待ですね♪

といったところで、従来読んでなかった新作のご紹介をば。
興味ある方はご一読を。
これはいい作品だと思いますb


追:
↑に小林源文と書きましたが、実はそんなに読んでなかったり(汗。むせるしw

個人的に、戦争物というかその類としては、エリア88デザート・ローズ(著;新谷かおる)、パイナップルARMY(著;工藤かずや、画;浦沢直樹)がお勧めですb

ここは地獄の一丁目。輸送トラックに絨毯爆撃♪



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック