The おっさんホイホイ

釣られてきました。

tokumu-7
特撮博物館

そりゃもうねー、しょうがないよねー。

で、会場に入ると、もう、いきなりそれだけで、

おっさん、胸あつ

BGMにウルトラマンとか、モスラやキングギドラの羽音。

メカゴジラの着ぐるみに、サンダーマスク、ジャンボーグAなどのマスク、あげく突撃!ヒューマンとか、もうね。

死ねる。

でもって、

轟天号やメーサー殺獣光線車のミニチュアとか
マーカマーカライトファープの原画とか


おっさん、KOです。テンション上がりまくりです。
周りに人がいなければ、「うっひょー!」と叫びながら妖しい踊りを踊っていたこと確実です。

いいわー、ドリルいいわー。男のドリルの原点だわー。


がうてんがう

もちろん撮影禁止なので、写真はとれませんでしたが、脳裏に焼き付けときましたb

そして、円谷プロの過去の作品と併設されていたのが、「巨神兵東京に現る」という特撮映画。

ええ、えらくなったおっさんが作ったDAICON FILMです。
以上

特撮技術、特にミニチュア、着ぐるみを使ったものは日本というか円谷プロが誇る技術です。
最近は、それがなんでもかんでもCGになってきていて、こういった昔ながらの特撮技術が廃れつつあるというのも、これまた事実です。

ただね、わかっている人は分かっていると思いますが、今となっては、CGの方がある意味リアルです

このあたりは書き出すと長くなるので、また別の機会にでも。

あとね、個人的に「やっぱ、そこなんだろうなぁ」と思ったのは、

特撮というより爆発

だってとこかな。
ふー、技術の問題じゃないと思うんだよなぁ(遠い目)。

まあ、なんにしろ、庵野さんらしい作品ではあります。

そして、撮影可能だったのは、こんなコーナー。

tokumu-2
まのちゃん、みとるかねー!

横から見るとこう。
tokumu-1
「カメラで撮る」ということを前提に作られているわけですね。こういうところがプロの仕事。

あとは、ミニチュアの街並み。

こちらも、
tokumu-4
すごく良くできているのですが、目通りで撮ると面白くなくて、

tokumu-3
こういう遠近つけるか(特撮なら、この一番奥にゴジラ・・・みたいな)、

tokumu-5
上からとるのが味があってよいです。

tokumu-6
何気に宣伝か?w

ウルトラマンも怪獣も、マンションよりも大きいので、そういった目線で写真を撮るとスケール感が出ます。

といったところで、ひっさびさのノスタルジーに、おっさんのwktkが止まらない博物館。
この機会にぜひb


追1:
ちなみに会場は、名古屋科学館の地下です。

名古屋科学館の方もまわってみましたが、なかなかきちんと作られていて、子供なら1日遊んでいられそうです。

理系のおっさんでも、ちょっとテンション上がります。こそっとハンドルぐるぐる回したりとかw

しかし、私が子供のころの科学館って、「故障中」とか「調整中」の張り紙ばっかで、まともに動くものなんてほとんどなかったイメージなんだがなぁ。いい世の中になったもんだ。

あと、
tokumu-8

理系の人たちが妙に興奮するであろう展示物とかw

追2:
来館者は、やはり家族連れが多かったですが、かぽーさんもちらほら。

男子の方が、展示物とかの説明をしてたりしてほほえま。
んー、理系かぽーさんだったりするのかね?

ちなみに、私も理系な人ですが、理系の人は、

tokumu-9

tokumu-10
なので、注意が必要ですw
(決してマネしないでください(著;蛇蔵)、より)

追3:
これも轟天号


スポンサーサイト
2014-11-30(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR