オタクのおっさんの戯言

力が強いことだよ。

ドラキュラZERO(監督;ゲイリー・ショア)を観に行く。

まあ、それなりな映画だろうなぁと思って見に行ったら、

やはりそれなりだったという映画

ですw

この手の映画のポイントは、ドラキュラのかっこよさをいかに表現するか、吸血鬼に堕ちるまでの葛藤をいかに描くか、だと思うのですが、その両方がそれなりです。決して悪くはないんだけれど、もうちっとがっつり突っ込んでもいいかなぁとかね。

そこはそれ、大人の事情というか、主に予算の問題があるのでしょうが。

いくつかの戦闘シーンに、ちょーっとうまく逃げたなぁ感が。

ストーリーやオチはこの手の話の定番なので、驚きではなく、水戸黄門を見るがごとき安心感はあります。
それを良しとするか否かは個人の好みかな。

ただ、夜遅めの回でしたが、思ったより人が入っていてちょっとビックリ。
やはりこの手の「闇の帝王」的なやつは根強い人気があるなぁ。

と、全体的に悪くはない映画ですが、家でDVD借りてきてみてもよろしいかと。


追:
よく、ドラキュラものの話で「ブラム・ストーカーを読め」って言われますが、原作(?) 「吸血鬼ドラキュラ」 のドラキュラ伯爵は、非常に残念な存在です。いろいろと。

今の、紳士然としたドラキュラのイメージは、映画、特に、クリストファー・リーの 「吸血鬼ドラキュラ」 の影響が強いと思います。

なので、「闇の帝王」的イメージを持って原作を読むと残念なことになります。いろいろとw

ちなみに、クリストファー・リーは、ロード・オブ・ザ・リングやホビットのサルマン役の方です。
でもって、↑のドラキュラZEROのヴラド公役のルーク・エヴァンスは、ホビットではバルド役。

いやー映画って深いもんですね♪

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器