オタクのおっさんの戯言
コレクションということ【クレスさん】
2014年10月12日 (日) | 編集 |
私は生き物全般が好きなのですが、「飼える生き物」ということで、特に小動物、昆虫系を飼育してきたことが多く、専門分野もアレなので、そういった話になると、大体の人から、

「じゃあ、標本作ったりしてたんですか?」

と聞かれます。

が、残念ながら(?)、私、標本はまともに作ったことがありません(^^;

私の場合、標本を作って集めることにはほとんど興味がなく、その生き物を飼育して、生態を観察する方に興味があるタイプです。

まあ、業界用語でいう「生態屋」ってやつに近いほうですな。標本が好きな人は「コレクター」よ呼ばれるのと似たような感じで。

研究者の人たちを見ると、大体の人は「生態屋」さんの方で、「コレクター」はごく一部、ないしは別に趣味でやってるような感じがします。
実際、ある先生は、研究のための標本ではなく、集めるための標本をやってる人を、ちょっと下に見てるというか。
「あー、あの人はコレクターだから(苦笑)」みたいな。

両爬の世界でも、「飼うことを楽しむ」人と「集めることを楽しむ」人の両タイプがいるように思います。
こちらの方は趣味の世界なので、どちらがどうとは言えませんが。

さて、前置きが長くなりましたが、私が飼っているクレステッドゲッコーは、どちらかというと「飼うことを楽しむ」のに向いていて、「集めることを楽しむ」にはちょっと向いていない種類かなぁと思います。

クレステッドゲッコーはモルフの差がそうあるわけでもなく、しかも遺伝的にポリジーン支配のようで、モルフが固定されていません。したがって、色違いはたくさんありますが、その違いはそれほど大きくないので、「種類を集める」というほどの種類はないように思います。

また、飼育スペースが結構いるので、数をたくさん集めるとなると、相当に広いスペースが必要になります。

というわけで、コレクションには不向きかなぁと。

そのあたりが、クレステッドゲッコーがいまいちメジャーにならない原因だと思うのですが、逆にいうと、「飼うことを楽しむ」にはすごくいい種類だと思います。

見た目に愛嬌があるし、夜行性ですが意外と活発で動きがあるしで、見ていて飽きません。

てなわけで、一家に一匹、クレスさんいかがですか?(笑)


追:
ちょいとゲームでコレクション的なのがあったので書いてみました。

珍しい種類、他の人が持っていない種類を持ってみたい、コレクションを完成させたいってーのはあると思うのですが、んー、私にはわからん世界だw

特に、入手するだけして、あと育てないとか、なお一層わからん。
私は、そういう意味では実用本位だなぁ。


てなところで、今週のクレスさん。





cres1-141022
ケージ掃除のため、寝起きそのまま別ケージに移されたきりかさん。

現状把握にうろたえているご様子w


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック