オタクのおっさんの戯言
追いつけども追い越せない
2014年08月03日 (日) | 編集 |
ということで、ドラゴンズプロフェット。ついに、新タレントのアプデが来ました♪

この手のカスタマイズが好きな私にとっては、

wktkがとまらない 

仕様でありますw

タレントいじっては神殿周回でその様子を見る・・・ってなことの繰り返しの毎日です。

ちなみに、アプデ前はライドスキル主体で、神殿1周=約7分少々だったのが、新タレントの導入で、神殿1周=約5分少々と、約2分ほど時間短縮されました。

ドラゴンゴットタレントが素晴らしすぎる。

まあ、ライド全盛のころは、神殿1周=3分ほどでやってた人もいたって話なので、それに比べれば大したことないタイムですが、私からするとかなり楽になったなぁという感じ。

今まで私が神殿周回してなかったのは、火力なくて無駄に時間がかかっていたから。
なので、ドラの育成を先にやっつけちゃって、神殿周回は新タレントきてから考えよう、と思っていたのですが、だいたい私の方向性で合っていたようで。

なんにしろ、アプデが一通り終わったここからが、本格的な育成のスタートですな。


ただ、今回のアプデで思ったのは、人によってこれまでの対応がまちまちだったなぁということ。

新タレントの導入はだいぶ前から話としては上がっていたのですが、私はこの話を聞いたときにライドスキルは切りました。
理由は簡単で、新タレントとライドスキルは並列はできても両立はできないから。ドラ乗ったままタレント使えないしね。

また、全体的に見て、バトルライドスキルにはいくつかの問題があり(バグもあるし)、現状見る限りでは、将来性はあんましないなぁと感じていたからです。

なので、アプデ前、最高火力=ライドスキルなのは間違いなかったものの、その調整は必要最低限にとどめていました。
が、大多数の人はそうじゃなかったようで。。。まあ、ライドの火力はアプデ後も変わってないようですし、相変わらず使える場面もあり、それはそれではありますが。

「ユーザーにとっては、リリースされたものが現在だが、開発者にとって、リリースされたものは過去のものである。」と言われますが、今現在のシステム上の最高を追い求めるのは、開発上は過去の遺物の頂点を目指すのに等しい・・・ってことは、頭に入れておくべきだとは思います。


ゲーム上、一般的にライバルは他のプレイヤーだったりしますが、私の場合、相手は常に開発者においてます。
ゲームヲタクもここまで来ると泥沼ですがw

と、おっさんの与太話が長くなったので、プリーストの新タレントは続きを読むで。



ということで、プリーストの新タレントをすこしご紹介。

一部、バグってるけどな!

○まず前提
以下ご紹介するのはディスク系列のタレントです。
鎌も試してみたのですが、火力は確かにあるものの、なんかこう、しっくりするものがなく。

それよりも、ディスクの一部タレントの破壊力、支援能力、スピード感(ディスクは鎌よりも攻撃速度が速い)から、結局はディスクを選択することに。

最初は、装備チェンジしながら、ディスクと鎌の両方しようかと思ったのですが、結局、ディスクだけでいいや、って感じに。
神殿周回の時間もそんなに変わらんし。
で、以下のタレントの説明の前に、その前提条件をば。

○装備:バランのINT+HIT装備がいい感じ。

○私の評価は偏っていますw切るところは思い切ってぶった切り、趣味に走るもんで(^^;


●ベースタレント
MP上昇(メディテーションエクササイズ)は不要。ディスクだと、サンダーもいらなさげ。
逆にINT上昇は必要。10振りOKかと思います。ライド重視でなければ、DPW上昇でなくINT上昇になると思います。
あとはポイントを見ながら、好みでいいと思います。

意外に思うかもしれませんが、考え方次第では、ディスクマスタリー(ディスクのダメージ上昇)すら、ポイント振らない場合もあり得ます(特にPvP重視の場合とか)。

また、ネイチャー/ドラスペ上昇も必要かと思われがちですが、上昇量はわずかなので、他のタレントの方が重要と思われるなら、これも切ってしまってもよいと思います。

具体的に言うと、リミットブレイク/ジムナスティック/タイムソリッド、あたりを全振りする感じ。

●ウェポンマスタリー
☆ソウルブレイク系列(ソウルインパクト、ソウルストライク)
ライドポイント回復、ソウルシールド破壊ができる系列。出がやや遅めなのが難点。

・フローエッジ系列(コアーインパクト)
出は早く、ダメージもソウルブレイク系と同程度なのですが、ライドの回復ができないのが難点。
CTもソウルブレイクと同じぐらい。

・レッドソウル
ディスク版マッドダンス。エイルタックを使用しないなら不要。使用するなら必要。

☆ブレインショック
MP消費0という優秀タレント。これのおかげで、MP切れを起こしにくくなりました。

☆ルーシェーブレイド
レンジが狭いものの、CT4秒がステキ。気軽にバンバン打てます。

・ドラゴンスペルインパクト
遠距離攻撃。ドラゴンゴッドタレントのファクチャーインパクトを使うなら必要。

・ドラゴンソウルステップ
自分の周囲に竜巻を起こす。竜巻は位置固定だが、範囲内に継続ダメージ。
発動後の硬直が長く、CTも30秒だが火力はなかなか。Mobを集めてドン!なときに重宝。

・エイルタック
バックステップしながらダメージを与えるという変わったタレント。なんとなくPvPような感じがする。
非常に面白いタレントだが、使いこなすのは難しそう。

・ヒーリングライトコア
一発回復タレント。左:自分中心で範囲狭い、右:範囲指定。左の方が使い勝手はよい。

・ヒーリングクラフト
継続回復タレント。対象は1体。自分も対象にできる。

上記、回復系タレントの利点は、DSS(ジェルハーレン、ヒーリングライト)のよりも回復量がかなり多いこと。
オレンジ装備の関係もあり、HPが増大している昨今、この二つのタレントは今後有効になってきそうな予感。
逆に、DSSで十分じゃない?というお方には、全くその通りともいえるw

・ドラゴンスペルシールド=使ったことないからわかりません(^^;


といったところ。
それぞれのタレントに特徴があり、どれを使うかはかなり好みが出ると思います。
個人的におすすめのタレントには☆をつけておきました。


●ドラゴンゴッドタレント

まず、信仰する龍神様を選択。プリはシウェーン様(以下、エイ)とイスタローン様(以下、鳥)の2種

エイ系:ゴスペルはDPW350%のドラスペ上昇
☆ファクチャーインパクト(左/右)
左はDSPを回復。これがえっらい使える。ドラゴンスペルインパクト→ファクチャーインパクトでDSPがいい感じに回復します。

☆シェイクランダー/シェイクタイド
突撃しながら周囲にダメージ。さらに発動後右クリで追加ダメージ。
本来、かなりな火力タレントのはずですが、現在バグってます。

☆オーシャニックペイン/パシフィルカーン
パシフィルカーンは波を起こし、その波が対象を通過するときにダメージを与えます。
でっかい敵には、とんでもないダメージをたたき出します。あまりの火力に悶絶できます。10振り推奨。

私が試したのはこんなところ。
シェイクランダー、ファクチャーインパクトのどちらを10振りするかはお好みで。


鳥系:ゴスペルはINT300%のネイチャー上昇、DSP増加。忘れ去られがちだが、DSP増加も見逃せない(鎌はヘイト値上昇でDSP上昇がない)。

☆アメイズリッパ/ファンメイッジ
アメイズ~は物理攻撃、ファン~は魔法攻撃上昇バフ。
60秒継続のCT30秒なのでかけっぱにできます。上昇率も高く、非常に優秀なバフ。
鳥系にする意味は、今のところこのタレントがあるからと言っても過言ではないと思います。

☆アメイゼナージャ/アメイズガーディアン
ビットを作り、対象に追尾してダメージ。そして、出ている間DSP回復。ダメージソースというよりは、DSP回復要員。

☆アメイズゲイル
ドラゴンを召還し、複数回ダメージ。召還には左クリが必要なので、発動がワンテンポ遅れるのが難点。
また、効果範囲は固定なので、全弾当てにくい。それでも、なかなかの火力。


ざっくり言って、鳥系は支援型、エイ系は攻撃型。
なので、私の場合、2つのタレントシート(?)にPT用に鳥系、ソロ用にエイ系を分けて入れています。

ぶっちゃけ言うと、神殿周回だと、1周の時間は、鳥系でもエイ系でもさほど違いません(鳥系のが1分ほど長い程度)。
ただ、鳥系はバフをかけなおす手間があるので、ソロの時はエイ系タレントを使ってます。

以上、あんまし参考にならないタレントのご紹介でしたw

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック