オタクのおっさんの戯言
んーっと微妙
2014年03月02日 (日) | 編集 |
左遷も悪くない(著;霧島まるは)、読了。

「寡黙な鬼軍人&不器用系新妻の癒し系日常ファンタジー」、という帯につられて読んでみました。

釣られたクマー!

あ、でも、新妻っていいよね(ヲイ)。

して中身の方ですが、帯の通りですw
地方に左遷された優秀な鬼軍人さんが、左遷先で、昔、助けた兵士の娘さんを嫁さんにもらうって話。
その新妻さんとその弟などが絡んで、日常系の話が進んでいくという感じです。

しいていえば、感じとしては「辺境警備(著;紫堂恭子)」に似てなくもない。

と、ネタは悪くなく、「いいとこついたなぁ」って感んじなのですが、文体が残念。
ほのぼの日常系の内容なのに、文体がごついというか。
例えて言えば、↑の辺境警備を少年漫画の画にしたような違和感が。

文体がもうちっとやわらかい感じだったらよかったのに・・・

と、ネタはいいけど調理の仕方が、って作品。

癒し系とか新妻に釣られる人はご一読を(そこか?)

あ、あと「鬼軍人」とか。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック