オタクのおっさんの戯言
あと一歩
2014年02月23日 (日) | 編集 |
おそろし(著;宮部みゆき)、読了。

たまに読みたくなる怪奇もの。今回は、ちょっと・・・ってところはあったのですが、上記作品を読んでみました。

内容は百物語風な連作をうまくつなげて一本にしたような感じ。
ストーリテリング、登場人物の心理描写はさすがなものがあります。

が、私的には、

今一歩が足りない

そんな感じ。

↑に「ちょっと・・・」って書いたのは、同じ作者さんの「ブレイブ・ストーリー」が、やはり一歩が足りなかったから。

たしかにいい話ではある。全体的にはよくまとまっている。

しかし、何かが物足りない。それは人の心の深い部分が描かれていながら、そこに闇とか影が薄いせいかもしれない。
きれいすぎるというか。

もちろん、そこに突っ込みすぎれば重くなりすぎるのだけども。

悩ましいところだが、こういった怪異譚は、もう少し突っ込んでほしかったなぁと思う次第であります。

日本だと、キングみたいな作風の人は、なかなか出てきにくいんだろうけどね(^^;


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック