オタクのおっさんの戯言
冬は
2014年01月19日 (日) | 編集 |
寒い日が続きますが、ケージ内でぬくぬくしているクレスさん達は相変わらずで。

日本の爬虫類や両生類は、この時期冬眠するわけですが、「天国に一番近い島」出身のクレスさん達は、冬眠とは無縁の存在のようで、年中同じような感じで生きています。

それでも、きりかさんなんかを見ていると、産卵時期がある程度あるようで、毎月の産卵はここのところありません。
保温はしてても夜間は温度が低くなるので、それで季節を感じているのかもしれません。

てな感じで、動物は(恒温動物でも)季節の変動を受けながら生活しています。
特に温帯地域だと、冬は餌も少なくなるわけで、それに合わせた生活をしないと命にかかわることになります。

春、温かくなる時期に子供をもうけ、夏は生い茂った樹木木陰で涼をとり、秋は来たるべき冬に備えて食料をため込み、冬の寒さをじっとすごして、春到来を待つ。

年がら年中、同じ調子で活動している人間って、そういう意味では不自然な存在なのかもしれません。
冬は冬らしく、活動が低下してもいいんじゃないかなと。


とういうわけで、最近、二度寝が気持ちよくって仕方がない管理人ですw
あったかい布団から出ずに、まったり寝るのも自然の摂理ということで。


てなところで、最近のクレスさん。





cres2-140119
あったかいヒーターの下で寝ているナルカミ君。

うらやますい・・・


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック