オタクのおっさんの戯言
風は吹いているか?
2013年10月14日 (月) | 編集 |
風立ちぬ(監督;宮崎駿)、を観に行く。

「風の谷」ではじまり、「風立ちぬ」で終わる。

なるほど、「風」なんだな、宮崎監督は。そう思える作品。

最近の宮崎監督の作品にしては珍しく、メッセージ性が強い気がします。
ここのところの作品は「物語」な感じですが、本作品は「(私)小説」のような感じ。そのため、従来のジブリ作品のように「広く一般的に観れる作品」とはちょっと毛色が違うかも。話の内容としては「朝の連ドラ」的ではあるのですが。

そして、そのメッセージの中には「問い」も含まれています。その問いに、結構ひきつけられるものがあります。この作品、「リピーターが多い」とも言われますが、ストーリー以外のそういったところにも魅力があるのかもしれません。

私は宮崎監督作品を見ながら育った世代ですが、「なるほど、いろんな意味で締めにふさわしい作品だな。」と思いました。

宮崎監督の引退が発表されたのは、本作品公開後ですが、鋭い人ならこれを見終わった後、「あれ?これで最後なのかも…」と思ったかもしれません。

おそらく、私なんかでは全部把握しきれませんが、かなり多重的な意味を含ませた作品だと思います。

主役の声を某監督にあてさせたり、ちょっと問題になった喫煙シーンを含めて。

細かいことは書きません。

まずは見て、感じてもらえればと思います。

これはそういう作品だと思います。

てか、うちらの世代はみといたほうがいいね。

そんな感じで。


追1:
宮崎監督にはいろいろ批判もある。それは承知の上で、それでもやはり偉大な監督だと思う。

今のアニメ業界に遺した足跡は大きい。

↑に書いたが、「風の谷のナウシカ」は劇場に見に行った。それはたまたまタダ券があったから。
そんなタダ券で入れるような映画館で上映していた。
当時はナウシカなんかでも映画としては裾もの扱いだったと思う。

それが今や大々的全国ロードショーだ。
アニメをここまでにしたのが良かったか悪かったかは別として、業績としてはやはり桁違いであると思う。


追2:
これを見て、そういう偉大な業績を残した宮崎監督だが、

本当に作りたいものを作れたのだろうか?

本当に作りたかったもの、やりたかったことは何だったんだろうか?


風にあこがれた人の歩んできた道は、当人にとって満足できるものだったのだろうか。

そんなことをふと思った。

商業ベースに乗らなければ、あるいは違ったのかもしれない。
そんな「if」を見てみたかった気もする。


追3:
よくできた作品には無駄な部分がない。
そんな無駄を入れるだけの尺もないし、そこにかけるコストも無駄だから。

特にアニメの場合はちょっとしたワンシーンでも作画が必要だからね。

それを頭に置いてみるべき。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック