オタクのおっさんの戯言
ある種の女性版
2013年10月13日 (日) | 編集 |
パンズ・ラビリンス(監督;ギレルモ・デル・トロ)、を観てみる。

もう6年ほど前の映画ですがちょいと気になっていたもので。

内容は他のサイトを見てもらうとして(ヲイ)、全体的には、女の子主人公のゼロ年代作品みたいな感じ。

非常に苛酷な現実にいる主人公が、幻想の世界に・・・という流れなのだが、ラストがなかなか。見終わった後に独特な感じが残ります。いわゆるダーク・ファンタジー。

男性よりも女性が好きそうな作品。

あとは、以前書いたような幻想と現実の境があいまいな作品・・・というのではなく、現実は現実、幻想は幻想とかなりきっちり分けられており、なおかつ幻想部分がしっかり現実に影響を与えているのが特徴かな。

このあたりは海外作品だなという気がします。


アカデミー、撮影、美術、メークアップ賞を受賞しただけあって、映像はすごくきれい。
そして、話のテンポが非常に良い。
そのせいか、全体を通して妙な緊張感があります。


ということで、なかなかの良作品だと思いますので、ダーク・ファンタジーに興味がある方は見てみるといいかもです。


で、前段に戻って、私が気になっていたのは、この監督の最新作がこれだから。


全然毛色が違うな

ただ、パンズ・ラビリンスの監督作品なら期待が持てそうだね。ネットの評価もおおむね高いし。
とはいえ、劇場まで見に行くかと言われれば・・・うーん・・・w


追:↑の作品エヴァをリスペクト云々と言われてるけど、あれはジャンボーグAのような気がするんだが(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まだ間に合うなら
リムは見ておくことをお薦めします、3Dで。
あれはエヴァではない。どっちかというと古き良きスパロボと怪獣モノのコラボだ(マテ)

こまけぇことは良いんですよ、筋立てよりも映像浴びるタイプの映画ですし。
2013/10/14(Mon) 19:18 | URL  | HAZARD-DEMON #-[ 編集]
DEMONさん、おひさ♪

リム、DEMONさんがお勧めとは。これは是非観に行かねば。幸い、風立ちぬやってたとこで再上映してるんで。

DVDで見よかと思ってましたが、映像浴びる式の映画なら、劇場に行かねば・・・だね。
2013/10/15(Tue) 20:51 | URL  | ぺん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック