マタニティーブルー?

前に書いた卵は順調っぽい感じ。
今のところ変色とかカビは見られず。このまま無事に育って欲しいね(-人-)。

お母さんのきりかさんは、次の産卵を迎えつつあるからか、ちょっと神経質気味。
土を掘り返すときに土を食べてしまうからか、ちょっと食が細くなったし。

やはり、産卵とか出産というのは雌にとって大きな負担になるやね。

よく、「女子が男子を見る目(とか判断基準)は厳しすぎる!」と言われるが、これは生物的に合理的なこと。

雌が次世代を産む時、雌には大きな負担がかかってくる。加えて、雌が一生涯に産める次世代の数はある程度決まっている。だから、すこしでも優秀な雄の子供を残したいというのが自然の摂理。

また、雄には、雌とその子供の生存と成長を保証できるだけの力が求められる。

となれば、雌⇒雄への評価が厳しくなるのは当たり前といえば当たり前。

が、しかし、人間の場合は、そんな自然の摂理に必ずしも従っていないようにも見える。

それは本当に道理にそっていないのか、はたまた見た目ではわからないが、実は道理に合っているのか。

いやはや、奥が深いところである(笑)。


「神はそれを知る者の心の中に存在する。愛が目に見えないものであるにもかかわらず、人は皆それを知っているのと同じである。」



てなところで、今週のクレスさん



cres1-130804
産卵床に潜り込んでお休み中のきりかさん。

産卵床に潜り込むのはいいのだが、ポトスの鉢土をほじくり返すのは勘弁してもらいたい(´Д`)



スポンサーサイト
2013-08-04(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

深いな・・・

 遥か昔に高校時代に友人が宗教の人だったみたいで、
めっちゃいい人だったんだが神がいないことを証明して
って言われて困った。
 
 たしかおいらは神様ってのはそれぞれの心の中や
万物八百萬の中にあり、それぞれの神様を大事に
したらいいんじゃないかって言った気がする。

 たしか横にぺんさんも一緒だったよな。
懐かしいこと思い出した。

 パートナーに何を求めるかは人それぞれなんだが
本能に従うのは基本正しいと思うよ、それをいかに
その地域の法律やモラルや損得勘定にうまく適応
させるかだよね。

 妥協って大事だ~WWW 
2013-08-04 21:29 | たろさん | URL   [ 編集 ]

実は深くもない

実のところは、「神がいないことの証明」よりも、「なにゆえ神がいることを欲するのか。」ということの方が根深い問題ではある。

例えば、「この世に愛など存在しない。」なんてな台詞はあるが、「この世に憎しみなど存在しない。」という台詞はほとんど聞いたことがない。

それとある種似ている。

そしてこれまたある意味似ているが、「パートナーに何を求めるか?」ではなく、「自分が何を求めているのか?」の方が重要であったりする。

そういう意味で、自分を知ることが重要なのかもしれん。

あ、ちなみに、仏教には仏はいるけど神はいないんで(笑)
2013-08-05 18:19 | ぺん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR