きれいなだけなら

シャニダールの花(監督;石井岳龍)、を観る。

人の胸に咲く花

という、ちょっと不思議なモチーフの映画。

ビ○ランテ?


~ 閑話休題 ~

まず、最初に言っておこう。

ひっでー出来。

ビオランテも大概だったが、私的にはそれよりもさらにひどい。


監督は、「花はエロスと死の象徴」語っておられるようで、それは確かに間違いない。
人の胸に咲く花、なるほど妖しい美しさを秘めたモチーフだ。私がこの映画を見に行った最大の理由はそこにある。

また、最近、日本映画でこの手のファンタジーというかSF的なのは見かけないので、どんな作品だろうかという興味もあった。しかも、植物好きだし。

で、実際見てみて、映像はきれい。細かな小道具にもきちんと気を配っている。

私は初めて見る俳優さんだったが、演技は素晴らしかったし、配役もよかったと思う。

が、しかし、ストーリーが酷い。というか、ラストの〆方が私のまったくもって嫌いなパターン。
はっきりと何かを主張せず、なんとなーくのイメージでそれとなーく終わらせる。

おいおい、このモチーフで語るテーマがこの程度かよ。

ちょっと話がずれるかもしれないが、

花というのは、それこそ何億って単位の時間をかけて進化してきて今がある。

そんな花と人間とがリンクした時に何が生まれるのか。それを私は見たかった。というか、何を見せてくれるのか期待していた。

それが、「きれいだね」、「切ないね」、「愛おしいね」と言う程度なら、そんなん誰だってできるわい。
金と時間使ってまで見やしねぇ。


有体に言ってしまえば、

花ときれいな女性がコラボしたイメージビデオ

です。

そんなんがお好きな人はどうぞw


追:
ぶっちゃけ、見終わってどっと疲れた。
金と時間返せという気分でいっぱいですw

追:
これに出てくる人の胸に咲く花は、クジャクサボテン(月下美人)の花。
花のチョイスとしては悪くないと思う(見た目にも意味的にも)。

が、ホントそれを活かしきれてないよなぁ(--メ

スポンサーサイト
2013-07-31(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR