オタクのおっさんの戯言
最後の一葉
2013年05月19日 (日) | 編集 |
先日、サボタニの植え替えは「ほぼ」終わったと書きましたが、

barminiana130519
最後に残ったドルステニア・バルミニアナ。
恒例の「変わった」花開花中。ただ、今まで見た中で一番大きな花かも。じょじょに調子は上がってる様子。

これと、コエルマニオルムが残っていたのですが、コエルは受粉を試したもののうまく結実せず(;;。仕方ないので花茎を除去して植え替え。
ちなみに、去年とれた種は発芽したものの、冬の寒さを乗り越えられず全滅(><)
どーも、コエルとは相性が悪い(--

↑のドルステニアはサボタニと言っても球根性の多年草。地上部だけ見れば普通の植物と変わりません。
春と秋に葉を一枚ぺろんと出して変わった花を咲かせます。夏と冬は地上部が枯れて休眠。
なので、植え替えは地上部が枯れたころに。本当は早春の発芽前が最適なんだけどね。今年はミスった(汗

ドルステニア・バルミニアナは、他のサボタニのように、葉が変わっているとか剛直な棘があるとかはないんですがなんか好き(*^^*)。

こう、「春と秋に芽を出します。他の時は寝てます!」という、妙なマイペース感が私に似ているからかもしれないw

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック