オタクのおっさんの戯言
終わりよければ・・・なんだが
2013年05月11日 (土) | 編集 |
ダークナイト・ライジング(監督;クリストファー・ノーラン)、を観る。

バットマン三部作のラスト。このシーリーズは過去のバットマンよりはるかにいいと思う。

ただ、ネットの評判見てもそうだが、気になるところは前作のダークナイトを超えなくとも、それに並ぶぐらいの作品であるかどうか、ということ。

ダークナイトが本当にいい作品だったからね。まあ、ダークナイトの半分はジョーカーでできていますがw

で結論を言うと、ダメだ、ダークナイトにははるかに及ばない。 orz

とにかく今回のヴィラン=ベインがしょぼい。というか、個性に乏しい。ありがちなヴイランという感じ。
やっぱ最後は、「うはー、こりゃどう考えてもアーカム行きだろ!」みたいなヴィランであってほしかったなぁ。

あと、これで〆るという持っていきかたをしているためか、全体的にごちゃごちゃした感じ。こう、最初から最後まで一本で流れてるというより、あっち行ったりこっち行ったりみたいな。でもって、結構唐突だったり突っ込み方が足りなかったり。

決して悪い作品ではないのだが、ダークナイトがよかっただけにどーしても物足りなさが残ってしまう。
きれいにラストをまとめ上げたところはいいんだけどね(´・ω・`)

追:
予告を見て知ったんだが、

これ

えー!マジか!! ( ゚ ▽ ゚ ;)
期待していい? いい??


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック