オタクのおっさんの戯言
ハンマーは叩いてよーし、投げてよーし、みんなによーし
2013年03月23日 (土) | 編集 |
マイティー・ソー(監督;ケネス・ブラナー)、を見る。

アベンジャーズシリーズということで。

ちなみに、私的に一番知らないアベンジャーズがソー。

アベンジャーズにソーがいるのは昔のTRPG雑誌の紹介記事で知っていた。
しかし、ソー=雷神トールだよ、ぐらいの紹介しかされていなかったので、「は?なんで北欧神話のトールがアメコミヒーロなん??」と思っていた。

でもって、当時はTRPGをやっていたため、ソー云々以前に「トール」としての知識はあったからあんまし深く追及しなかったんだよね。

というか、「へー、THORは英語読みでソーなんだ。トールじゃないんやね~。GnomeとかOgreとかUndineと同じかー。」ぐらいにしか思わず(ヲイ)。

ま、ザ・シングのイラスト見て、「何このズシーン?」と思ってた時代だしなーw

加えて、DECOのキャプテン・アメリカ・アンド・ジ・アベンジャーズにもCAPCOMのMARVEL SUPER HEROESにも出てこないし。

ということで、私にとってソーは映画で見るのが初めてというアメコミ・ヒーロー。

だからこの映画、番宣で「俺様、神様、マイティー・ソー!」とかやってたし、元ネタが雷神トールなので、

バーサークした兄ちゃんがハンマー振り回して大暴れする映画 

と思ってました。

ところがところが、このソー、意外とジェントル。なんだかすげーいい人。

最初は血気盛んで父親のオーディンにたてつき、なるほどやんちゃ坊主だなって感じ。
ところが、それがもとで全能力を奪われてアスガルドから地球へ放逐。地球へ落ちてきたところを科学者御一行様に拾われるんですが、そこからなんかすげー好青年に。

えー、なんかイメージと違う(-_-)

そして、いったん全能力を奪われるため思ったほどアクションシーンがありません。冒頭と後半だけ。
しかも、キャプテン・アメリカと同じくアベンジャーズへの伏線ががっつり入っているためストーリー薄め。

あー、結局これもアベンジャーズの予告編か。

そんな感じ。キャプテン・アメリカよりはずいぶんましですが、アベンジャーズの予習で見とくか、ぐらいの意味しかないかも。


追:
へー、ミョルニルってムジョルニアなんだ。と、そんなとこに感心したり。

追:
ロキ役のトム・ヒドルストンは妙にはまってていい感じb
浅野忠信は・・・、はぁそうですか、ニッポンジンも出てますか、はーそりゃ結構なことで。

追:
ヘイムダルが私のイメージと違う~ 。・゚・(ノД`)・゚・。

heimuldalmega
↑私のイメージ。メガテンのやつ。
神の中で最も美しいといわれる。ギャラルホルン持ってて、巨人族が攻めてきたときはこれで知らせる。ラグナレクでロキと相討ちになる。

ソーのヘイムダル(マイティー・ソーのオフィシャルサイトから転載)。
heimurudalthor
どこの黄金聖闘士だよ! ヽ(`Д´#)ノ
そりゃ、すべての歯が純金でできてるってことだから、あえてこうしたのかもしれんが・・・ orz


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック