オタクのおっさんの戯言
2年か・・・
2013年03月11日 (月) | 編集 |
お、気温が上がって春らしくなったなぁ~、と思っていたらまた逆戻り。

わかっちゃいるけど最近の気温の振れ幅には参る。

あげく、出張に行こうと社用車見たら黄砂でまっしし orz


~ 閑話休題 ~


今日は3.11。あの東北大震災からはや2年。

もう2年なのかまだ2年なのか。いずれにしろ月日は流れてゆく。当時の様子はその頃の私のブログを読んでいただければと思う。

私は、関東で東北大震災を経験し、その前に関西で阪神大震災を経験している。うちの会社で両方を経験している人は少ない。我ながら、なんでこうも節目の時期に地震を経験するかなぁとは思う。その反面、阪神大震災の経験が東北大震災に活かされたのはよかったような気がする。

二つの震災を経験して改めて思ったのは、こういう有事の時にもっとも優先されるべきは人命である、ということ。

今だから書くが、当時、私は会社の通常業務を何とか滞りなく進めようとする上司とちょっとぶつかった。

経営者の考えもわかる。通常業務を止めることによる機会損失は確かにある。
けれどもそれは、それをこなす人が生きてさえいれば、100%ではないにしろ取り戻すことができるものだと思う。

だが、人命は失われてしまったら決して取り戻すことはできない。
命を失うほどではない傷病ですら、その回復は非常に困難な場合がある。

だから、有事の際に最優先されるべきは人命である、そう私は思っている。
生きてさえいれば立ち直るのは可能なのだ。

それゆえに、あの震災で失われた命というものは非常に重い。

私はそう思う。

あらためて、震災で亡くなられた方に合掌(-人-)。

これからも地震による被害は出るだろう。
その時、今回の震災を教訓に、少しでも被害が少なくなればなと思う。


追:
そういう日に、納谷悟朗さんがお亡くなりになられた。

声優の納谷悟朗さん死去

古き良き時代のかみなりおやじっぽいいい声だった。
銭形警部もだけど沖田艦長も渋かった。

もし、あちらの世界があるのならば、向こうで山田康雄さんと例のかけあいをやっていてもらいたいやね。

合掌(-人-)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック