オタクのおっさんの戯言
頭文字はDだが発音しない
2013年03月09日 (土) | 編集 |
ジャンゴ~繋がれざる者(クエンティン・タランティーノ監督)、を見に行く。

以前から私は、「やるならとことん。」ってのが好きと書いているが、タランティーノ監督は「これでもか!」ってぐらいやってくれるので好きである(^^)。リミッター外れた感がいいよね~。

そのタランティーノ監督がマカロニ・ウエスタンを作ったと言うんだから、見に行かざるを得ないやね。

ちなみに、アメリカの西部劇=日本の時代劇、マカロニ・ウエスタン=アメリカ製の忍者映画、と考えればおおむね間違っていないと思う(ヲイ)。


まず、冒頭OPが続・荒野の用心棒(原題:DJANGO)のテーマ。

以前、夕陽のガンマンであげたエンニオ・モリコーネ作。
まさにマカロニ・ウエスタン。さすがのタランティーノ作品w

序盤は元歯科医師の賞金稼ぎシュルツがいい味出してる。すごく軽妙でパロディ風な仕上がり。

それが中盤から黒人奴隷に対する強烈な迫害が描かれる。その内容、描写とも容赦ない。まさに、「これでもか!」って感じ。がっつりやり切るのがタランティーノ監督の持ち味なんだが、これはさすがの私でもちょっと胸糞悪く感じるほど。ただ、このあたりの受け取り方は人によって違うかもしれない。

そして、シュルツ医師の影が薄くなってきて軽妙さが薄れ、ぐっと緊張感が高まってシリアスになる。こういう軽→重って流れもタランティーノ監督の定番ではあるのだが、せっかくいい味出してたシュルツ医師がかすんでしまうのはちょっともったいない気がする。

で、がっつがつに迫害を描いて抑圧し、それをラストにどーんと解放してカタルシスを得る、って王道パターンなんだが、いったん途中で途切れるのが私的には今一つ。できれば途切れさせずにがーっとラストまで持って行って欲しかった。
あと、個人的には、迫害描写が強烈だった割には、ガンアクションがちょっと物足りない様に思う。それでも、R-15指定にふさわしいもんではあるがw


元ネタB級作品をアカデミー賞とる作品にするとか、がっつりやり切るところとか、タランティーノ監督の持ち味がよく出た作品ではあるのだが、見終わった後、ちょっともやもや感が残る感じ。もっとスカッとさせて欲しかったんだがなぁ。

ということで、私的にはまずまず・・・ってところで(^^;


追:
続・荒野の用心棒も見たと思うんだが記憶にない(--;
もっかい見てみるかなぁ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック