オタクのおっさんの戯言
ふむむむ
2013年02月17日 (日) | 編集 |
以前から書いている、クレステッドゲッコーのナルカミ君。

ちょっとづつ育っている気がしなくもないが、大きさ的には、すでに3号さんに追い越されそう。

やはり、この子は背骨に異常があるような感じで、それが障害になっているような気がする。

先天的なものか後天的なものかと考えると、個人的には後天的なものだろうと考えている。

クレステッドゲッコーは元親の数が少なく、そのため(いわゆる血が濃い)異常のある個体が散見されることが知られているが、そのような先天的な異常なら、それこそ生存にかかわるような障害が出ていてもおかしくない。しかし、ナルカミ君については、行動や摂食に異常は見られない(摂食量は少ないが)ので、先天的なものではないのではないかと思っている。

後天的異常だとすれば、うちに来る前なのか後なのかが問題なのだが、同じような条件で飼育している3号さんには今のところ異常が見られないことから見て、うちに来る前からの異常ではなかろうかと。

思えば、購入時にフロッピーテール風な症状が出ていたんだよなぁ・・・

ナルカミ君がうちに来たのも何かの縁ということで、これからも大切に育てていこうと思いますが、購入時には個体の状態をよくチェックしておきましょう、ということで。


春になって気温が上がってきたら、ナルカミ君ときりかさんでつがいにしようと思っているのだが、サイズ差があるのでうまくいくかどうかちょっと心配。


以下、最近のクレスさん。




cres1-130216
貫録のきりかさん。

あごぷよ~


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック