オタクのおっさんの戯言
これが原型?
2013年01月05日 (土) | 編集 |
トータル・リコール(著;フィリップ・K・ディック)、読了。

「電気羊」のディックの短編集。全10作品。表題作の、トータル・リコールの他、マイノリティ・リポートも収録。

まずこれが、1950年代(一部、60年代)に書かれたということが驚き。
確かにギミックはその年代を感じさせる。にも関わらず、色あせないというか古さが感じられない。
人間の本質的な部分を描いた良作というのはそうなんだよなぁ。

「非O」なんかは「悪の経典」に通じるところがあるし。
「人間の共感性」というテーマでは、「電気羊」もそうだが。

そして、「あれ?これどかかで読んだような?」という作品がいくつか。
本作をモチーフにされているのか、本作が別のをモチーフにしているからかはわからないが、いずれにしろ古典的SFの原点みたいなものを読んだような気がする。

短編集なので気楽に読めるし、古典的SFにふれたい方にはお勧めですb

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック