オタクのおっさんの戯言
英雄の条件
2012年12月20日 (木) | 編集 |
友人から、劇場版:仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ行ったぜ、ってなメールが来る。結構いい出来だったらしい。

今回のは、アクマイザー3とイナズマンが出てるし、むしろそっち観たかったりするわけだが、私では行けず(;;

ちなみに、ポワトリンは知らんw

さて、TV版の仮面ライダーウィザードだが、これが思ってたよりいい。

以前から、最近の特撮は、1話:60分の尺なのにドラマパートが中途半端、ってなことを書いてきたが、ウィザードについて言えば、結構悪くない。

英雄の条件の一つに、「(正義などのために)あえて、罪や穢れを自分で背負う」というのがある。ある種、自己犠牲の体現。背中で語る式のヒーロー像だ。

ただ、最近のヒーローものでは、アニメを含めほとんどお目にかからなくなっていたので、私もそういうヒーローってすっかり忘れてた。

ところが、今回のウィザードでは、それに近い行動が。
おー、思ったよりやるなぁ。

ウィザードは造形もカッコいいし、ドラマパートや演出なんかも悪くない。
このままでいけば、結構良作になるかもしれんね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック