オタクのおっさんの戯言
今日のわざをなし終えて
2012年11月21日 (水) | 編集 |
新世界より 上・中・下巻(著;貴志祐介)、読了。

最近何かと話題の、悪の経典の作者の作品。実は、本作を購入したのは悪の経典映画化前で、たまたま入った本屋の店頭POPの釣り文句に興味をひかれて購入したもの。

私は、この作者の作品を読むのが初めてだったので、とりあえず上巻を購入。つまんなかったら、続き買うのやめよう、と思ったのですが、

上巻読んで、即、中・下巻買いました。

いやー、すげぇー作品だわ。なんのかんの言っても、まだまだ新たな才能を持った人が現れるね。これだから、世の中面白い。


ストーリーは、遠い未来。そこに生存する人たちは、みんな超能力(作中では呪力)が使える、という設定。
普通のSFは、遠い未来であっても現在からの連続性を感じる、そんなリアリティがあるのだが、本作は超能力という、今現在存在しない要素を入れているため、未来の世界という設定にもかかわらず、どこか今とずれてしまったパラレルワールド的な、妙な違和感を感じる。

そんな、そこはかとない違和感に、今度は怪しい陰りが加わってくる。白いハンカチに墨汁を落とし、そのシミがじわじわと広がってくる感じ。

このあたりの違和感と、じわじわくる不穏な空気が絶妙。これで、一気に引き込まれた。

変異した生物の名称や、その他のギミックの使い方も素晴らしい。こういったギミックを取り入れた作品は、短編では何作か読んだことあるが、単行本3冊にもなるような長編で読んだのは初めてだ。そして、そんなギミックをこれだけの長編で使い切った力量には感嘆する。


次に、テーマは、「人が、念じるだけで人を殺せ、自然を改変できるような強大な力を得たらどうなるか?その時人はどうするか?」、ということだと思う。これが、世界観を記述しながら、いい感じのペースで描かれる。
一番感心したのは、そのテーマに対して、作者がきちんと答えを書いていること。読者に問いかけはするけど答えを書かないとか、「そこは読者が考えてほしい。」的ひどいまとめ方の作品が多い昨今、上記のようなテーマに対して、きちんと向き合っているだけでも素晴らしい。

加えてすごいなと思うのは、その答えも、まだ不完全なものであると言っているところ。「その先は、読者が考えてほしい。」と言っているところ。似ているようで、上に書いたのとは全く違う。この点もすごいと思う。


とまあ、ひっさしぶりに、次どうなるんだろう?とページを繰る手が止められなかった作品でした。
若干軽めではありますが、総ページ数がなかなかなもんなんで、読みごたえは十分。

個人的には、少し端折った部分があるなというのと、結末への持って行き方に、若干釈然としないところがありますが、小説というか読み物として、そういった展開もやむを得ないなとは思います。


最初に書いたように、独特の違和感とか不穏さが、読む人を選びそうですが、SF、ファンタジー、ホラー系が好きな方にはお勧めの作品です。
ホント、久しぶりに面白く、かつ、いろいろと考えさせられた作品でしたb


追:
読んでる最中に、アニメ化とか漫画化の話が。

新世界より(アニメ版)

新世界より(漫画版)

↑はまったく見てません。というか、あんまし興味わかねぇ。
何でもかんでも、萌にすりゃいいと思ったら大間違いだ(--#

追2:
題名にもなっているドヴォルザークの「新世界より」。これの「家路」が、作中で絶妙に使われていて、ノスタルジーをかき立てます。
うちの学校の下校曲は「夜空のトランペット」だったのですが、たしかキャンプファイヤーの時に、歌った記憶があります。「今日のわざをなしおえて~♪」ってのが好きだったなぁ。
そういう、学園生活の描き方のツボをおさえてる気がする。

追3:
こうなると、劇場版「悪の経典」を観たくなってくるな。さて、どうしたもんか。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック