オタクのおっさんの戯言
それ故におそらくは平穏な常日
2012年10月13日 (土) | 編集 |
僕の小規模な失敗(著;福光しげゆき)、読了。

僕の小規模な生活、の前にあたる作品。
先日も描いた、「日常系」に入る作品だと思うが、内省的というか自分への観察力ってーのがすごくて面白い。ここまで冷静に自分とか周囲を見つめて、それを冷静に描ける人っていないんだよね。

最近(というかちょっと前からだが)、この手の自虐的話は多いのだが、個人的には、こういう内省的で、「俺はダメだ。ダメダメダメダメ駄目人間。」って思いってる人は意外と大丈夫だと思う。

問題は、そこから「このままじゃイカン!」と、一歩踏み出すかどうか。そこがクリヤーできれば、逆にコンプレックスをばねにして、普通よりも飛躍できるような気がする。少なくとも、「俺はできるんだ!」と勘違いしてる人よりは。まあ、一歩踏み出せないと、そのまま詰むが・・・

と、駄目造な変態のおっさんが言ってみるw



うちの妻ってどうでしょう?1~2巻(著;福満しげゆき)、読了。

↑と同じく、福満さんの漫画。本作は、福満さんの奥さんを描いたものだが、やはり、その観察力というか、それを読み物として描けるところがすごいやね。変形4コマというか、4コマのコマ割で4コマじゃない漫画って初めて見たが、それを規定ページ数できっちり終わらせるってーのはすごい才能だと思う。構成力がハンパない。

あとは、奥さんのキャラクターが面白すぎ。久しぶりに、ケラケラ笑いながら読めた漫画。
おすすめb


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 (作;K.Kajunsky、画;ichida)

以前、話題になった時、ちらっと立ち読みをしたのだが、その時はネタ&死んだふりのパターンが延々続くのか?と思って、最初だけ読んでやめてしまった作品。今回、あらためて全部読んでみて、ほう、死んだふり意外の話もあったんだとはじめて知りましたw
個人的には、死んだふりの話より、それ以外の話の方が面白かった。

ほんとにこれやってる奥さんがいるとは、ちょっと考えにくい気もするが、話としては面白いやね。こういう奥さんがいたら毎日楽しそう(^^)。あと、それを冷静に受け止めて対応している旦那さんが、またいい味出してます。

現実とすれば奥さんは大したもんだし、創作とすれば旦那さんがただものじゃない。そして、二人合わせて夫婦としてみれば、すごくいい関係なんだと思う。夫婦というか家庭の形って、ほんと人それぞれだよね。ツンデレってーのあるが、旦那がツンデレってーのもあるしなw

ちなみに、この話はブログで読めます。
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。



以上、最近読んだ日常系漫画でした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック