オタクのおっさんの戯言
違法と判断
2012年05月18日 (金) | 編集 |
消費者庁からコンプガチャが正式に違法との判断が下されました。

コンプガチャ:「カード合わせ」の違法と発表

ぶっちゃけ、集金システム自体は他にも色々とあるので、コンプガチャがなくなってもまだ手はあると思うが、今回の発表で、SNSゲームの収益の一部は違法的なもので稼がれていたということが公になったことは大きいやね。

今回の違法との判断は、それほど驚きのことではない。ずっと前から指摘されていたことだ。
私が気になったのはその発表のタイミング。

SNSゲーム配信会社はイメージアップに必死だったし、その手も打ってきていたように思う。
CMをバンバン流してマスコミ対策。某会社は球団買い取るほど。
そして、関係会社で6月(だったかな?)から自主規制を行うと発表していた。

それが、5月の連休中、企業や官公庁が身動きとりずらいタイミングでの新聞発表。
しかも発表したのは球団を抱える某新聞社。ここは、某会社が球団を買い取るにあたって賛成票を投じたのだが。
そして、連休明けの株式市場は案の定、SNSゲーム関連会社の株価が大暴落。

ちなみに、あるSNSゲーム制作会社の大株主は某大手通信会社。今回の「コンプガチャショック」による株価下落でかなり損失を被っているはずだ。

とまあ、SNSゲームはなんだかんだで今の経済システムに組み込まれているもんだった。
マスコミにとってはCM代払ってくれるスポンサーだし、通信会社にすればコンテンツ配信を担うところで、おいそれとつぶすわけにはいかないところだろう。


にもかかわらず、先に書いたようなタイミングで新聞発表。
なぜ、身動きとれない連休中に、あたかも横から殴りつけるようにこういうことをしたのか?
そして大打撃を与えることに成功したのか?

さあ、今回の件で儲かったのは誰だ? 

いやはや、世の中ってーのは恐ろしいところだねw



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック