オタクのおっさんの戯言
硬葉系ハオルチア
2011年10月10日 (月) | 編集 |
3連休だったので、ベランダの植物の日の当たり具合を見ておく。

うちはベランダが東側にあるので、午前中だけいい塩梅に日が当たるのだが、ん~、さすがに夏は当たりすぎかなぁ。来年はちょっと遮光を考えた方がいいかもしれない。


~ 閑話休題 ~

zuikaku-nigra-rain111009
硬葉系ハオルチアの寄せ植え。というか、管理の都合上一鉢にまとめたという方が正しい(^^;

ニグラ  ラインワルディ
   瑞鶴

といった品種。このうち瑞鶴はちょっと気難しくてあまり大きくなりません。
ラインワルディは葉の白点が非常に美しい。

さて、私はハオルチアでも硬葉を中心に育てています。ハオルチアは軟葉系の方が人気あるような感じですが、硬葉は硬葉で独特の渋さがあり、個人的には好きです。ま、私は作りが荒っぽいので軟葉系はうまく育てられないというのもありますが(汗

ただ、以前にも書いたように、硬葉系の塔状になるタイプは育てていくうちに長くなっていくのが難点。

jacobsen111009
こんな感じにw ちなみに、種類はヤコブセニアナ(H. jacobseniana

まあ、ここまでくるのに10年ぐらいかかりますし、途中で仕立てなおしをしてやればいいのでしょうが、ずっと作りこんでいくのにはちょっと不向きかな。

ちなみに、購入時はこんな感じ。
jacobsen-old
購入時には、10年たつと↑のようになるとは思いませんでした(^-^)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック