ナゴヤレプタイルズワールド2011

ってなわけで、ナゴヤレプタイルズワールド2011に行ってきました。

よく考えれば、今回は焦って買うものもなかったので、チョッパなに行かず、明日のムツゴロウさんの講演見に行けばよかったと後悔 orz
まあ、来年はちっと考えるか。

なお、トウレプの教訓から、会場には開場時間から少しずらして10:20頃着。それでも、入口は長蛇の列。少し時間をずらしたかいあって、さほど待つことなく入場できましたが。
それでも、会場内の人工密度はトウレプより高くてびっくり。来場者が多かったからか、会場の広さの問題なのかはちょっとわかりませんが、まあ、とにかく混み混みでした。
来場者はトウレプと同様ですが、家族連れがトウレプより多かったかな?


てなところで、ナゴレプのレポートを。

例によって、お好きな人にはたまらないけど、嫌いな人には地獄絵図なので、以下展開で。





今回のレポートは、主に、私が気になったところを中心にお届けしたいと思います。
ナゴレプも、前に書いたトウレプと基本的には同じなので。
なお、トウレプの時同様、フラッシュは発光禁止で撮影しておりますので、写真が悪いのはご容赦を(フラッシュではなく、自分の腕のせいという話もありますが(^^;)

cobalt
あわしまマリンパークさん(カエル通販 Fever)出品のコバルトヤドクガエル。さすが密林の宝石。
今回のナゴレプでは、トウレプと違って、両生類の出品が多いような気がしました。季節的なもんなのか、あるいは名古屋は両生類なのか?

upasukui
あげく、ウーパールーパーすくいまで。定番のイモリすくいもありました。


crespinst
クレスのピンストライプ。かなりしっかりしたピンストライプで美しい。
ナゴレプではクレスさんは全体的に少なめ。ベビー&アダルトが少々という感じ。
クレスはレオパと違って派手なモルフが少ないのですが、↑のピンストライプなど一部美しいモルフもあります。
問題は、そういう特殊なモルフがなかなか手に入らない(というか、国内ではまずお目にかかれない)ことですね。
こういう即売会でもまず見かけないもんなぁ。
ラコダクでは、ジャイゲコはもちろんですが、チャホアのベビーがちらほらありました。ちょっと、魅かれたり(^^;


bandit
で、派手なレオパさん。やはり、モルフの多さは爬虫類の中でもトップクラスですね。
個人的には、↑のバンディットが好き。黒の文様がはっきりくっきりしているところが。
今のところレオパを飼う予定はないですが、もし飼うとすればバンディットかな~。


obake
あと気になるところでは、オバケトカゲモドキ。かなりでっかくなるようで。
まあ、お値段もでっかくおばけですがw


comochi
マジか! 
今回の出品で一番驚いたのがこれ(ペポニさん出品)。値段も値段なので、容器を手に取ることすらせず。おかげで、現物は見れませんでしたがw


roach
マジか! その2
額縁の中に入っているのは生もののローチ(ゴキブリ)さん達。
これだけでも大概なのに、まさかのBRSとか黒猫さんとかとのコラボ。
その意気や、ある意味「漢」・・・と言えなくもない。


ooyasude
奇虫ということで、定番のオオヤスデ。集まるとなかなかフォトジェニック・・・か?
来場者の女の子が、お店の人に渡されて腕にはわせておりました。虫ガールってやつでしょうか? 時代は変わったよなぁ~。
あ、一応、オオヤスデさんの名誉(?)のために言っておきますが、ヤスデは分解者なので、基本、人に害を与えません。でもって、実はなかなかにかわいらしいお顔をしております。意外と女性にもてるタイプ?


ootuno
集まると意外とフォトジェニック~その2。オオツノトカゲ。


simahebi
シマヘビのCB。他にもアオダイショウのCBもいました。
国産ヘビのCB。粋だねぇ~。
あと、シマヘビの子供って縞ないんだという段純な驚き。


wanigame
会場の片隅で、ほとんどの来場者に注目されることなく置かれていたワニガメ。
なんとなーく、目が悲しそうに見えるのは、撮影者の思い入れだとわかっているのだが…
やっぱね、根本的にこれは個人で飼う生き物じゃなかったなと。


てなところです。
その他、定番のヘビやカメはたくさん。特に、パンケーキリクガメが大量に出ていたのが目に付いたかな。
あと、「レプタイルズ」となっていますが、猛禽類とかエキゾとかに人だかり。特に女性に大人気。やっぱ、見た目がね~。


さて、私、今回のナゴレプでは、結局、CGDを買っただけでしたが、危うく手が出そうになったものを順に(^^;

興味があった第3位
roson
ローソンアゴヒゲトカゲ。ご存知、小型のアゴヒゲトカゲ。
フトアゴはでっかくなるのが悩みどころなのですが、本種はあまり大きくならないところが魅力。


手が出そうになった第2位
onipure
オニプレートトカゲのCBヤング。凛々しい(`・ω・´)
オニプレ自体は結構売られているのですが、アダルトとかWCが多く、このサイズのCBは初めて見ました。
「オニプレいいんだけどなぁ~、アダルトからじゃなぁ~」、と思っていたので、これはちょっとヤバかった。


思わず「これ下さい」と言いそうになった第1位
higashi
見た瞬間に硬直。飼育セットが頭の中を駆け巡ります。
こ・れ・は、ほんっとーにやばかった。今回は物欲に勝ちましたが、次回も勝つ自信はありません。

あー、本当に、将来的には、ヒガシかオニプレは買っちまいそうだなぁ(--;
ただ、問題は、サイズと紫外線なんだよなぁ・・・

てなところで、簡単&偏ったナゴレプレポートでした。
スポンサーサイト
2011-09-25(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR