オタクのおっさんの戯言
エンドブレイカー!
2010年11月14日 (日) | 編集 |
エンドブレイカー! (著;上村大、江川晃&グループSNE)

出版:新紀元社、著作:SNEとくれば言わずもがなのTRPG。新書判サイズで500円だったので思わず購入。TRPGのルールブックがワンコインとは、いい時代になったもんです。

あおりに、「超高速TRPG」とありますが、1d6+テーブルで効果決定を行うタイプ。なるほど高速そうです。昔のシミュゲーにちょくちょく見られた感じかな?。テーブル仕様なので武器バリエーションが非常に豊富なところもポイント。

TRPGシステムとしては、「ほうほう。」というところなんですが、もうひとつのあおりが「PBWと完全互換」。
・・・? PBW? なんじゃそりゃ?

ということで、困った時のウィキペディアw
PBW

ほー、PBM(プレイバイメール)のウェブ版か~。こんなものが出ていたとは全く知りませんでした。
で、PBW版のエンドブレイカー!が↓
エンドブレイカー!

PBMも今はこうなってるんだとちょっとびっくり。昔、蓬莱学園やってた友人は、「せっせと行動書いて送ったのに帰ってきた返信がわずか数行だった。」とか言ってたが、今はキャライラストの作成まで頼めるとは。いやー、隔世の感があるね。

↑のPBWのウィキにある通り、PBWにはオンゲー(MMORPG)にはない面白さがありそうだ。
興味ある方はサイトをご覧になってみてくんなまし。


追:
ウィキの記事に面白いことが書いてあったので、それについては別途書いてみたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック