オタクのおっさんの戯言
ワクワクするね
2011年07月02日 (土) | 編集 |
7月。空はすっかり夏色。夕方、吹く風は妙に優しく、夏の訪れを肌で感じます。

以前のホームページで書いたのですが、夏は男の子を成長させる季節だと思います。

もはや、男のおっさん(?)になった私ですら、夏になるとなんだかどきどきします。

熱中症じゃなく。

いや、まあ、昔に比べて洒落ならん位暑いのは事実だが。

~ 閑話休代 ~

修羅の門 第弐門~1巻・2巻(著;川原正敏)

修羅の門の続編がついに単行本化。

修羅の門かぁ~、ある意味、私の青春ではある。元々格闘技が好きだった私だが、本作と夢枕獏さんの小説に影響を受け、某武道を習ったほどだもんなぁ。ちなみに、オタクのおっさんですが、何気に有段者ですw

あの当時は、「強いとは何か?」とか真剣に考えていた。今にして思えば若かったなぁと思う。が、後悔はしていない。あの当時があったから、今の私があるわけで。

で、修羅の門 第弐門、絵柄はそのまま、コマ割も相変わらず。前作から十数年たち、格闘技界の流れも大きく変わっています。それでもなお、やはり、わくわくさせてくれるね、この作品は。

さて、今回はどんなラストになるのか。非常に楽しみです(^-^)
私が死ぬ前には最終回が読みたいところ。


追1:
大山倍達がある人に「強いとはなんですか?」と聞かれて曰く、「強いとはね、親指だけで逆立ちして道場を一周できることだよ。」と。
今思うと名言だと思う。さすが、ゴッド・ハンド。

追2:
マジで誰? < 石ころ

追3:
で、キマイラは?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
石ころ=第一巻あたりで神武館に道場破りに来たら足首折られた上に徹心おじいちゃんにびびって逃げたかませ犬。

まさかの出世だねぇw
2011/07/06(Wed) 00:57 | URL  | NIV #-[ 編集]
あ~~、そういや、なんかそんな人いましたね。もっかい、1巻引きずり出して読み返さねぇとわからないかと思っていたので、情報サンクスです。
と、思い返すと、なんか立ち位置がある意味一緒だったような気がしなくもない。

しかし、NIVさんも読んでおられたとは。やはり、趣味が被っているようでw
2011/07/06(Wed) 23:01 | URL  | ぺん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック