オタクのおっさんの戯言
落ち着いたので
2017年08月12日 (土) | 編集 |
引っ越してきてから懸案だった、IHコンロ周りを、

renzi170812
こんな感じに整えてみました。主に油汚れ防止ということで。

市販のシートを適当な大きさに切ってひくだけの話なのですが、これがなかなかやろうという気になれずにここまで(^^;
取りあえずはアルミ箔をひいて対処はしてましたが(苦笑)

引っ越してきてから先月まで、なんかこう走り抜けたって感じだったなぁ。それがやっとこ、3連休もあって、ちょっと一息付けたというかね。

写真には写ってませんが、換気扇回りもちょいと対処を。

で、↑の鍋に写っているトマトは、

tomato170812
こんな感じに。夏野菜のトマト炒めというかなんというか。

近所のスーパーで地場産の不揃いなトマトが売っていたので購入。下手なトマトよりこういうやつの方が味が濃いしね。

それを湯むきして、鶏肉、なす、玉ねぎ、きゃべつといっしょに炒め、ケチャップとウスターソースで味付け。隠し味にヨーグルトを少々。塩味は控えめで、ちょいと唐辛子を加えてピリ辛に(本当はタバスコがベストですが、家にないもんで(汗))

俗に夏野菜というと、なす、きゅうり、トマトなど、夏が旬とされる野菜。本来的には水分が多く、体を冷やす働きがあると考えられていた野菜だと思います。代表例はうり類かもしれません(そういう意味では、すいかやゴーヤも)。

そして人間の体は不思議なもんで、この時期はやっぱり夏野菜がおいしく感じられます。
汗をかくので水っけのあるものや、夏バテの食欲増進にちょっとほろ苦かったり、辛味があるものを、体が自然と求めているからかもしれませんね。

自然というのはうまくできているもので(^-^)

して、↑の料理ですが、昔はこの手の料理をよく作ってました。何気にケチャッパーだし、ちょっとパスタにからめても美味しいし。
ところが最近は、おっさんになって味覚が変わってきたからか、この手の料理を作ることがめっきり減りました。
和風の味付けのものが多くて。あげく、お茶漬けうめー、みたいな。

日本人というのはうまくできているもので(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック