オタクのおっさんの戯言
昔は動いていたんだ。
2017年07月15日 (土) | 編集 |
前回に引き続き、おっさんの昔話。

子供の頃、正月に田舎へ帰省した時、叔父さんが、「ちょっと外に出るか。」と、車に乗っけて町の方へ連れて行ってくれた。「どこへ行くんだろう?」と思っていたら、連れて行ってくれたのは町のおもちゃ屋(だったと思う)。

そこで、「これなんかどうだ?」と、買ってくれたのが、車のプラモデルだった。

当時、車にはまったく興味はなかったが、プラモデルを買ってくれたというのが素直にうれしくて、家に戻ると早速組み立てた。

組み立てるといっても、そこは当時の子供がやること。パーツは、ペンチで適当に切り取り、場合によっては手でねじってもぎ取ったりしていた。ゲート処理やら合わせ目消しなんかするわけもなく(というか、そういう技法すら知らなかった)、付属のチューブに入った接着剤をむにむにとパーツにぬり、はみだしも気にせず接着して完成。

当時、車のプラモデルのほとんどには、モーター(マブチモーター)が付属していて、完成すれば走らせることができた。買ってもらったプラモデルも、もちろん走らせることができ、田舎にいる間中、あっちゃこっちゃいじりながら、部屋の中を走らせて遊んでいた。

走らせるといっても、スイッチを入れたら車輪が動いて、そのまままっすぐ走るってだけの代物で、何の操作もできるなかったが、自分の作ったものが動く、そんなことが、ただただ楽しかった。



こういった、モーター付きのプラモデルを、モーターライズ(プラモデル)と呼ぶのだと、つい最近知りました(^^;

これの上位版みたいなのがリモコン。有線の操作機がついているやつ(*1)ですが、少し値段が高く、買ってもらった記憶がありません(笑)
それのさらに上がラジコン。リモコンすら買ってもらえないのに、ラジコンなんぞ買ってもらえるわけもなく、というか、当時、ラジコンは大人のホビーみたいなもんで、子供が手を出せるもんではなかったような気がする。

そんな頃から幾年月。

今となっては、モーターライズのプラモデルを見ることはほとんどありません。
昔は、プラモデル=モーターライズだったし、逆にモーターライズじゃない=動かないプラモデルなんて、何が楽しくて作るんだ?って感じだったのですが(動かないプラモなんて買わない(*2))。

モーターライズがここまで減ったのは、いくつかの理由があるようですが(*3)、量販店のおもちゃ売り場で、モーターで動く完成品どころか、当時高根の花だったラジコンですら、手の届く値段で売られているのを見ると、

「完成品が安くで売られているのに、あえて自分で作らないとダメなものを買うことはないか。」 、とは思います。

昔は、完成品が高くて買えないから、自分で作るってところがあったんだけどね。
ふむ、これが「豊かさ」というものか・・・と納得しながらも、一抹の寂しさを覚えるのは、もぎ取りで作った車のプラモデルを走らせた時の楽しい思い出が、もはや遠い過去のものになってしまったと、実感してしまうからなのかもしれません。


*1
若干ではあるが、アオシマからリモコン戦車のプラモデルは発売されている。

アオシマ リモコン戦車

タミヤも2012年ごろ、モーターライズ戦車を出しているが、現在は店頭在庫ぐらいしかないようだ。

タミヤ モーターライズ

また、タミヤからはラジコン戦車も発売されているが、こちらは値段が10万円を超える(汗


*2
動かないプラモなんて買わない。そんなもの作って何が楽しいんだ?ってのを大きく変えたのが、ガンプラ。
ガンプラブームによって、モーターで動かなくてもOKっていう流れができたと言われる。

ただし、先に書いた、ロボダッチもモーターで動くものではなく、関節が動く程度のプラモデルだったので、モーターで動かなくてもOKっていうのは、ガンプラより前からあったように思う。


*3:モーターライズが減った理由
以前あげた田宮氏の本によると、モーターライズ用のギアBOXなどを作る町工場が減ってしまったことや、タミヤとしてはミニ四駆の方へシフトしたことが、モーターライズプラモデルが減った理由らしい。

ただ、実際には、単純に「売れない」というのが一番の理由だと思います。
売れるものなら、↑のアオシマのリモコンにしろ、タミヤのモーターライズにしろ、品ぞろえをもっとそろえるだろうし。

さきに書いたように、完成品が安くで手に入るうえ、モーターで走らせることを考えれば、プラモデルより既製の完成品の方がよほど丈夫で長持ちするはず。その点から見ても、あえて「プラモデルを作ってそれを走らせる」必要性が薄くなったんだと思います。

でもって、「作ったものを走らせる」という分野は、別途、タミヤがプラモデルではなくミニ四駆で完成させたしね。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック