オタクのおっさんの戯言

いや、まあ、そうなんだろうが。

げんしけん 2代目~12巻(著;木尾士目)、読了。

ついに、2代目も完結。
班目がどうなるか、の一点につきるといっても過言ではなかった2代目ですが、まあ、そこかぁ・・みたいな感じで。

ただなぁ、ヲタクなればこそというか班目ならばこそというか、やはり最後は自分で選択してほしかったなと。「こうしなさい!」っていうんじゃなくてね。
ある意味リアルではあるんだろうけど。

あと、なんかこう「えいやっ!」っとラストにもっていった感が少々残念。初代の時のような、付き合う事が決まってからのその後~、みたいなのがなく、ずばーんと終わったような感じがね。もうちょっと余韻というかクールダウン的な部分が欲しかったと思います。

しかし、なにはともあれ2代目がそれなりな形で完結したのは喜ばしい。初代から数えると、足掛け14年。

初代の時、主人公のささやんと同年代だった人たちですら、それなりな年齢にいっちまっているというのが、ある種不思議な感じではありますが(笑)

何気に、2代目の方が初代より巻数多いしな。ちょっと引っ張りすぎたとか、横道が多かったというのがあるかもしれない。


Spotted Flower 2巻(著;木尾士目)
そして、これ(笑)
登場人物、まるっとげんしけんそのまんまではあります。

げんしけん2代目+Spotted Flowerで一続きと見るのであれば、↑に書いた2代目の「えいやー!」な終わらせ方もありなのかもしれませんが、個人的にこの手の手法はあまり好きでなかったり。

やっぱ、表題の作品はそれ自体で一つの世界として完結させてほしいやね。出すとしても、きちんとしたサイドストーリーとして出してほしい。一つの閉じた世界としてね。

と、本作はげんしけんを絡めて考えるかどうかで見方が多少変わってくるのですが、2巻目は特にその傾向が強いように思います。1巻はかりにげんしけん知らなくてもそれはそれだったのが、2巻はげんしけん~2代目読んでないと「?」と思えるところがあるんではないかと。

そういうわけで、げんしけんフアンには楽しめる1冊ですが、そうでない方にはピンと来ないところがあるかもなぁ、というのが残念なところかもしれません。本作だけ読んでいて、げんしけん未読の方がどれほどいるか謎ですが。


追:
個人的には、班目とスーのデートの話とか読んでみたかったなぁ~。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器