オタクのおっさんの戯言

寒さ対策

ちび助さん達の冬越しをどうするか考えねばなぁ・・・と思いつつ、これといったいい案が浮かばず。

とりあえず、発泡スチロール箱に入れ、ふたにパネヒをつけた保温箱に入れてみる。ふ化箱と同じ仕組み。

昨年失敗したのは、底面にパネヒを置いていたのと、密閉性の高いプラケージ(デジケース)だったためケージ内の湿度が上がりすぎ、壁面に常に水滴がついていた状態だったのが悪かったと推察。

そのため今年は、通気性の良いケージを使い、↑に書いたようにふ化箱と同様パネヒを上に設置して、底面からの水の蒸発を防いでみました。

パネヒで底面から温めるというのは、飼育種(環境)によってはあまりよくないのかもしれません。ふ化床も、底面から温めるのは厳禁だしね。


てなところで、今週のクレスさん。




cresb-161106
具体的にはこんな感じ。

真ん中に配線っぽく見えるのがサーモの感熱部分。これのふたにパネヒをテープで張り付けています。
上面から暖めるのでケージの壁面に水滴をうつようなことはありません。

悩んでいるのはケージの大きさと、それに合わせた保温箱。

もう、1号はかなり大きくなってきているので、中プラケぐらいにした方が良いかなぁと。
そうすると、発泡スチロール箱ではなく、スチールラックの周囲を発泡スチロールで覆い、パネヒなどで加温してやるのがよさそう。
そうなると、その中プラケの大きさをどの程度のにするか。今、手持ちではないしなぁ・・・

みたいなことを考えているうちにこんな塩梅(笑)

↑の小プラケで冬越せるだろうと思っていたのですが、クレスの成長が思った以上に早くてびっくりです。


スポンサーサイト
コメント
No title
少し大き目のケースの一部にパネヒと少し離して湿度足す湿らせたガーゼとか配置して観察。
お気にの場所があるならそこが適正な温度と湿度と判断できないかな?冬上手く越せるといいね。
2016/11/08(火) 06:38 | URL | たろさん #MMIYU.WA[ 編集]
No title
うむ、きりかさん達はそんな感じの飼育だ。大きめのケージで、自分がいたい温度のところに移動できるような感じ。

問題はちび助さん。きりかさんのケージは、底面45cm×45cmあるのよ。これを3匹分、隙間なく詰めておいても130cmほど。場所取りすぎ(笑)

なので、ちび助さん達は、「クレスはどの程度まで小さいスペースで飼えるか?」ってのを試してるところもあるのが悩ましいところ。
2016/11/09(水) 22:04 | URL | ぺん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器