オタクのおっさんの戯言
謎の皮膚構造
2016年09月25日 (日) | 編集 |
先日、はくろさんが産卵床に潜っているのを発見。

やっと、産卵床を認識してくれたか。バーミキュライトの上に水ごけを敷いたのが功を成したか、はたまた産卵欲求にかてなかったか。
しばらく、卵のせいかおなかがぽんぽこりんになってたからなぁ。

で、今は産卵床から出てきてケージ内をうろついているのですが、湿ったバーミキュライトに潜っていたにもかかわらず、体表に汚れがほとんどない。あんなもちもちっとした質感の皮膚なら、バーミキュライトででろんでろんに汚れそうなものだが。

むしろ、眼にバーミキュライトの汚れがついているという。

きめが細かくて、かつ撥水性があると汚れが付きにくいのかもしれないね。

いずれにしろ、生き物の体っていうのはよくできてるなぁと思います。


てなところで、今週のクレスさん。





cres3-160925
その潜っているところ。
八墓村っぽい構図。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック