オタクのおっさんの戯言
もののふ
2016年08月27日 (土) | 編集 |
ヴィンランド・サガ 18巻(著;幸村 誠)、読了。

安定した面白さ。

これほどまで、戦うということのある側面をきちんと描き出している作品はないと思います。

トルフィン、トルケル、フローキの対比が素晴らしい。

真の戦士とは何か

この問いにきちんとした答えをもって描かれているのがすごいやね。
だいたいこの手のって書いてる当人がよくわかってない場合が多いし。

さーて、どういう答えを見せてくれるのか、後半にかけてちょっと予想外な展開になってきたので、これからがますます楽しみ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック