オタクのおっさんの戯言

これだわ~

シン・ゴジラ(監督;庵野秀明)、を見に行く。

庵野監督作品である。

ある意味、昨今のハリウッド映画を見に行く感覚はある。良くも悪くもはずれはないだろうという。

そんな私でもこう言わざるを得ない。

これがゴジラだ。 

さすがだわ。


ゴジラはもともとはパニック映画の一種だった。

ゴジラは怪獣でもないし、ましてや地球を守るなんかの存在でもない。

歩く災厄、破壊の象徴

これが第一作のゴジラだ。

2度にわたり原爆を投下され、都心部は絨毯爆撃で焦土と化し敗戦国となった日本。
その戦後、アメリカの水爆実験をうけ生み出されたのがゴジラだった。

人の核実験によって生み出された破壊の化身が街を蹂躙する。
それを人の英知が葬る。
それがゴジラだった。

そこから時は流れて、ゴジラVSなんちゃらという「怪獣映画」というジャンルを確立していき、海外でもゴジラはそのように認識されているのだが、元々のゴジラは↑のような存在だ。


そんなゴジラがついに戻ってきた。


本作はそういう映画です。ゴジラの原点というかね。怪獣映画と思って見に行くと失敗します(笑)。でもって、ちっちゃいお子さんだとよくわからないかもです。

基本的には会話劇を主体とした政府の対応を描いたドラマパートと、ゴジラが街を破壊していく特撮パートに分かれています。

で、たいがいの特撮映画はこのドラマパートがぐだぐだで、「こんなとこイラネ」となるのですが、本作はいい緊張感とスピード感をもってドラマが進んでいきます。ここいらはさすが庵野さんと言わざるを得ない。

特撮パートは言わずもがなです。
震災を経験した今の日本にとっての「歩く災厄」が、ゴジラを通して遺憾なく描かれております。

私は別に原理主義者ではありませんが、怪獣ではないゴジラ、これを本作でぜひ見ていただきたいと思います。

超おすすめb

というか、劇場で見とけ。
マジで。

追:
しっかし、震災があった後の日本で、こんなゴジラを見ることができようとは。それだけで感無量。
非難とか批判があって、この手の大破壊映画は日本では作れないと思っていたからね。

追:
私的には庵野監督はアニパロ出身者。アニパロベースの人は描き方が抜群にうまい(例えば、ゆうきまさみ)。
何がネタになるか熟知していて、それを非常にうまく扱うからだ。

だから、そういう人の作品ははずれが少ない。きっちり視聴者のツボをおさえているからね。
ただ、それは悪く言うと大衆迎合的ともいえる。「お前らこれが見たかったんだろ?」みたいな。

また、この手は元ネタがあってこその部分がある。
だから、まったく新しいもの、こんなの見たことない!って描き方には乏しいところがある。

庵野監督はすごい監督に違いないのだが、個人的にはちょっとそういったところに引っかかりがあってね。

↑のシン・ゴジラも本多監督のゴジラがあってのシン・ゴジラ。そこをどう見るかといったところか。



うっはー、ある意味、リアル国電パンチだ。 

すげーぞ山手線。
ぶっちゃけ、これを見に行くだけでも価値があります(笑)



やっぱ、あれかね、アメリカよりもフランスの方がアニオタ文化盛んだからか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器