オタクのおっさんの戯言

大好物

一か月前、久しぶりに金縛りに。
その後、風邪をひいて体調を崩しKO。←先日のエントリーで果然ひいた云々ってやつ。

んー、ちょいと出張連打だったから、出先でつかれたかねぇ・・・(--
金縛りの後体調崩すってのは鉄板だしな。

~ 閑話休題 ~

山怪 山人が語る不思議な話(著;田中 康弘)、読了。

以前書きましたが、私の大好物、「意味が分からない不思議な話」でございます。
いわゆる遠野物語系の小話。

本作は、古老から聞いたという話が多いですが、それでも遠野物語よりもはるかに年代は新しく、車や電気が普通にある時代のお話し。
そんな時ですら、山には不思議な話があると思うと、なんだかゾクゾク楽しくなってきます。

「よぉーおーかーいーのーせいなのね」と、なんでも妖怪のせいにするのは良くないって話がありましたが、昔は何でも狐とか狸とか何やかんやのせいにされていたわけで、人が理解できないことや不思議なこと、あるいは理不尽と思えることを妖怪だとかなんだとかのせいにすることは、人の営みの中で祓いというか防衛機構として機能していたんじゃないかと思います。

人の認識を超えたものに対する畏怖の念。それがその対処法を生み出す。
先に書いたまほよめの冬至の支度しかり、山怪に出会った時の認識や対処しかり。
あるいは、↑に書いた金縛りしかり(笑)

そんなしきたりが廃れてきたのは、あるいは人が原題の便利さの中で、人の力を超えたものに対する謙虚さを失ってきたからかもしれません。

人の力が及ばぬところがある

それは私にとって、なんだか甘く蠱惑的な魅力があるのですが、皆さんはいかがですか?


追:おっと、ちょいと変換忘れ。

出先で疲れたかねぇ・・・(^ー゚)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器