オタクのおっさんの戯言
革すげー(@@
2015年12月27日 (日) | 編集 |
会社にて。

わし:「Aさん、その結婚指輪すごいですね。」

Aさん:「あー、これタングステンなんだ。」

わし:「ええっ!タングステンで指輪なんかあるんですか?」

Aさん:「ああ。めっちゃ固いから、工具とか機械いじっても傷つかへんで。普通の指輪やとすぐ傷つくけどな。」

わし:「おー、すげ~。」(@@
(タングステンを指輪にして加工するとかすげー・・・)

~ 閑話休題 ~

夏ごろにオーバーホールに出したものの、バンドの不具合でしめられなかった腕時計。
本体はチタン製なので全くの無傷なのだが、フック部分のバネがおかしくなった様子。
古い型なので、バンドの在庫がメーカーにもすでになく、修理に出しても直る保証はないとのこと orz

かといって、せっかくオーバーホールから戻ってきたところだったし、なにより長年使ってきて愛着もある。

今まで使ってきた時計は、だいたいガラス面に瑕がついてダメになっていたのだが、この時計は荒っぽい使い方はおろか、多少の薬品を浴びたところでびくともせず、しかもほとんど狂うことなく時を刻んできた。

バンドはチタン製であることをいいことに、器具用の洗浄液にしたして、超音波洗浄機で洗浄したこともあったが、それでもびくともしなかった。←

ステキすぎる堅牢さ。日本製バンザイ。
↑と同様、メーカーの人間らしい発想。

というわけで、もうちょこっとでも使いたいなぁと、正規品ではない市販品のバンドへ交換することに。

お店で相談すると、「市販品の金属製バンドだと、時計と本体の間に隙間が空いてしまい、ちょっと見た目が悪くなるので、革バンドの方がお勧めです。」とのこと。

んー、革か~。革製品は好きだけど、時計のバンドだとなぁ・・・汗とかで蒸れやすいし。。。
かといって、他に選択肢があるわけでもなく、まあ、これもやむなしかと革ベルトに交換してみたら、

これが思いの外ぴったりでびっくり(@@

むしろ見た目的には革バンドの方が渋い。てか、むしろしっくりくる。
革の持ち味ってすごいもんだねぇ。

しかし、革バンドでもいけるってことは、自分でも作れるかもしれん、ということか( ̄ー ̄)ニヤリ
それはまたおいおいということで。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック