オタクのおっさんの戯言
拒食か?
2015年12月20日 (日) | 編集 |
クレステッドゲッコーの餌について、以前はコオロギ他昆虫と言われていたが、最近はCGD(人工飼料)をメインに昆虫はおやつ程度、というのが主流になってきているようだ。

以前少し書いたが、野外個体の消化管内を調べたところ、内容物のほとんどが果実由来であったらしい。そのため、アダルトぐらいになると、昆虫よりも植物質主体のCGDにした方が栄養バランス的にいいようだし、実際、ジャイアントゲッコーなんかは、成長するにしたがって植物質(果物)を好む傾向が顕著になってくるようだ。

というわけで、イエコの成虫の端境期なので、CGDを与えているのだが、きりかさんは今一つ食いつきが悪い orz
ナルカミ君とはくろさんはペロッと平らげてくれるのだが。

このあたりは人間の食生活と同じく、一概に栄養バランス云々で言い切れないところがあるやね。

ちなみに、ちび助は、一度、イエコに見せかけてペースト状にしたCGDを与えて、うまく食いついてくれたのでしめしめと思っていたら、それがどうも嫌だったらしく、以後、CGD与えると、誤って食いついても首をぶんぶん振って吐き出すようになってしまいました(;;

クレステッドゲッコーは拒食の心配の少ない種だと思いますが、管理状況などの影響で全くないわけでもないところが悩ましいところです。

てなところで、今週のクレスさん。





cres3-151220
で、食べるなーと思って与えていると太るし・・・

クレステッドゲッコーの餌やりの頻度として、ベビーで毎日、アダルトで週2回、食べる分だけ、と言われますが、個人的には、もうちょっと少なくてもいいんじゃないかという気がします。

この頻度で、食べる分だけ与えていると、結構すぐにぽよぽよになる気が。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック