オタクのおっさんの戯言
男のロマン、女の・・・?
2015年11月21日 (土) | 編集 |
飯を食ってるときに、たまたまTVをつけたら、アンダーウェアを放送していた。

そういやネットで広告が流れてたな~、弓月光原作かね?(ヲイ)とか適当なこと考えながら、飯を食いつつ見ていたら、

これがことのほか面白かった(@@

舞台は、小さな高級女性下着メーカー。そこの女性の下着に関する話から、だんだんと大手が仕掛けてきたセカンドラインというか、新ブランドとの対立の話に移っていく。

モチーフが女性の下着ということもあり、ぶっちゃけいうと色もの系かと思っていたのだが、これが全く違う。
テーマ的には下町ロケットにほぼ等しい。

規模は小さいが技術力の高いメーカー VS 資本にものを言わせた大企業

の構図は両作品とも共通。

でもって、「日本の物作り」の心というか職人、あるいはメーカーの意地みたいなのがきっちり描かれている。
むしろ、アンダーウェアの方が、台詞回し、キャラクターの個性、演出がやや濃いめな分、下町ロケットよりも、さらにシャープに浮かび上がっているように思える。

モチーフが女性の下着なので、おっさんの私だと十分に理解できていない部分があるとは思うのだが、下町ロケットが好きなおっさんには超お勧めしたい作品。

ぶっちゃけ言うと、味付け濃いめなので、私的にはこっちの方が好きだわ。台詞もいい。

「ストーリーが必要なのよ。」って、先に書いた屍者の帝国の「人は物語を求める」ってのとある種共通。でもって、人間の認知において非常に重要な事項だしな。それをさらっと入れるのはなかなかなもんだ。

あと、大地真央さんがすごすぎ。

ほんとすげー。

日本のTVドラマには微塵の期待もしていないので、CMは目にしていたものの、前回放送は見てないんだよなぁ・・・ちょっと後悔。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック