オタクのおっさんの戯言
なくてけっこうコケコッコー
2015年09月27日 (日) | 編集 |
孤独のグルメ 2巻(著;谷口ジロー)、読了。

まさかの2巻(@@
てか前作は1巻だったのか?

という話はさておき、新作が読めるって素晴らしい。

ただ、本作はちょっとネタっぽいところがあるかなと。
1巻でウケた(と思われる)ネタを意識して書かれてるような感じがします。読者サービス的な感じ。
前作の、まさに題名通りの孤高さから、ちょっと読者に寄ってマイルドになった的な。

あと、相変わらず繊細な絵柄ですが、ちょこっと線が崩れてるかな?とか、ゴローの雰囲気が前作と違うな・・・と思えるところがいくつか。

んー、前作から18年もたつとこのあたりは致し方ないかもしれません。
作者の谷口ジローさんも結構なお歳だと思うしね。

とはいえ、相変わらずの完成度。明日から使えるネタも満載。
前作を気に入った方、酒の飲めないグルマンにはおすすめですb

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック