オタクのおっさんの戯言
じじいとめがね
2015年09月21日 (月) | 編集 |
転勤のバタバタでアベンジャーズ(エイジ オブ ウルトロン)を見に行けなかった腹いせに、映画を二本えいやっと。

ヴィンセントが教えてくれたこと(監督;セオドア・メルフィ)

おっさんと子供という、わりと私の好きなモチーフ。ニューシネマパラダイスは映画館で号泣したからなぁ。

そんなのを期待してましたが、結論を言えばまあまあってところ。

本作はジュブナイルではなく、おっさん(というかじいさん)の方に焦点があたっています。

若い時に活躍した人が老年期を迎え、色々あって世間に対して斜に構えていたのが、ある子供と出会って・・・という流れ。
笑いあり涙あり、演出も細かめで、いろんなイベントを詰め込んでいる割には、意外とすっきりと見せてくれます。一本すっと筋が通ってる感じ。

原題はst.vincent。この原題に関するテーマに沿って描かれているから、全体的なまとまり感があるのかもしれません。

最近の映画にしては珍しく、原題と異なる邦題がついているのは、ひょっとするとこのネタバレを避けたのか、あるいは、

「抱きしめた心のコスモ」と間違われるのを避ける

ためかもしれません(ヲイ)

くだらない小ボケはさておき、作品としては、非常に映画らしい佳作だと思います。

それにしても、最近この手の作品が多いような気がするね。
以前あげた「もう年はとれない」とか。

やはり、熟年というか老年世代が増えてきたからかねぇ。

なにせ、
bm-1



bm-2
(ヴィンセントが教えてくれたこと、公式サイトから)

こうなわけで(笑)
それでも、ビル・マーレイ、実にいい味出してます(^^b さすが、ビル・マーレイ。
わしもこんな爺さんになりたいね。


キングスマン(監督;マシュー・ボーン)。

監督はあのキック・アスのマシュー・ボーン。いい子ちゃんの駄作だった2ではなく、初代キック・アスの方。

それだけで、期待できるわけで

結論を言えば、よくやってくれた!って感じのアクション映画b

アクションシーンがとにかくかっこいい。演出も素晴らしい。
子供の頃にあこがれた、昔の007的要素を漫画的にがっつり盛り込みましたって感じ。
タランティーノ的B級さがステキ。

そして、モチーフがイギリスのスパイ。

紳士でスーツで眼鏡ですよ、奥さん! 

色々とたまらない人にはたまらないかと思いますw

そんな感じの映画ですが、出演俳優が妙に豪華。
コリン・ファース、マイケル・ケインは紳士過ぎて死ねます。眼鏡がたまらんw
サミュエル・L・ジャクソンもさすがって感じ。

見終わって満腹感がありますb

ただ、キック・アスもそうだったけど、この監督はジュブナイル物が好きなんかね?本作もそれが一つのテーマになっている。でもって、大人は信用ならねぇ感があるし。

個人的な趣味を言えば、ジュブナイルよりも、もっとスパイのかっこよさとか演出でコテコテにしたやつ(昔の007みたく)の方が好みではあります。
そこがちょーっと食い足りないかなぁ。満腹感はあるけど腹八分目みたいな。

ま、そこまでがっちりやっちまうと、胃もたれしそうな人を選ぶ作品になってしまうので、このあたりが程よいところかもしれない。

ごちゃごちゃ書きましたが、とりあえず見てみるの推奨。
キック・アスとかキル・ビル好きな人にはお勧めですb


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック