都内に行かんでも

関東に引っ越してきたので、都内の某爬虫類ショップに行くかなぁとそのお店のHPをみたら、

あ、こっちにもあるのか。

と気づく。
んー、以前住んでいたとこより、ショップ的には便利になったなぁ。狙ったわけではないんだがw

で、早速行ってみると、ふむふむ、都内の店舗より駅から近くていいね。広さ的にもまずまずだし。
個人的には、生体の管理をしっかりされている(というか、私が見たショップの中ではトップクラス)お店なので、見ていて安心感があります。

用品の品ぞろえもいいし、イエコもちゃんと若齢虫売ってるし。
今はイエコの次世代出てきたから足りてるが、もう少し前に行ってたら、ちびすけ用の餌で買ってたなぁ。
こういうのがきちんとそろってるのって重要だよね。

~ 閑話休題 ~

と、イエコの若虫の話題が出たので、うちの飼育方法なんぞを。
以前にも少し書いたことがあるのですが、ブログの中に埋もれすぎて分からなくなっているのでw

ieko150829-1
イエコ飼育ケージ。私の場合、中プラケで若虫→成虫まで持っていってます。それほど数はいらないしね。

餌は見ての通り野菜くず。おっさんの食生活がわかりますね!
ちょっと変わった(?)ところでは、バナナの皮なんかも餌にできます。
野菜くずから水分を取っているので、「給水用の何か」はいりません。

右端の粉状のものは、鳥のすり餌。ホームセンターなどで買えますが、なければメダカの餌でいけます。
若虫は小さいので↑のような粉状餌を、中齢以上になってきたら、これを粒状の「金魚の餌」に変えます。単純にコストパフォーマンスの問題でw

野菜くずだけだとタンパク質が足りず、共食いの危険性があるので、これらの餌は必ず一緒に与えるようにしています。コオロギって一般的に草食のイメージがありますが、本来は雑食性で、野外では小動物の死骸を食べたり、小さな昆虫を捕食することもあるようです。

シェルターは見ての通りトイレットペーパーの芯。あ、サランラップの芯でもOKです←。

こんな感じで継代飼育約4年。「市販の野菜って農薬が・・・」と思われがちですが全然平気です。ただ、キャベツの外葉は避けた方がいいかなと。逆に、野草は与えません。むしろ、昆虫寄生性の病気や寄生虫がこわいので。

与える野菜くずはなんでもいいと思いますが、個人的に避けた方がよいだろうと思うのは、タマネギ・ネギ、柑橘系(イエコは問題ないが、それを食べるクレスさんによろしくなさげ)。あと、キノコ系は食べませんでしたw野菜くずは安上がりでよいのですが、夏場は腐敗しやすいのが難点ですね。

といった感じでイエコを飼育していると、

ショップで購入するともったいないお化けが出そうな気がする

というか、私が飼育してきた昆虫の中でも断トツトップに飼育楽。
イエコ丈夫だわー。季節性ないし、成長早いし。維持費なんてホントたかが知れてるし。

というわけで、餌の安定供給面から、ハチュ飼育とともに、イエコの飼育もお勧めいたしますb

イエコ飼育すると、年がら年中コオロギの声が楽しめますヨ!

もはや季節感0

といったところで、今週のクレスさん。



cres2-150829
で、それを私に食わせろ!と、ナルカミ君が申しております。


スポンサーサイト
2015-08-29(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR