オタクのおっさんの戯言
今年のまとめ
2016年12月31日 (土) | 編集 |
今日は大みそか。
今年もいろいろありましたが、個人的に一番印象に残っているのは、やっぱし、「シン・ゴジラ」と「君の名は。」でした。
だって、ヲタクだしな!

そして、どちらが良かった?と聞かれると、特撮ヲタの私としては、ノータイムで「シンゴジ!」と答えたいところはありますが、やっぱこれは「君の名は。」の方に軍配を上げざるを得ない、というのが正直な感想です。

シンゴジはシンゴジでいいんだ。

庵野さんのいかにもな作品ではある。
あるんだけれど、それをどうあれ、あの完成度で作ってきた庵野さんは、色々もろもろ込みでやっぱしすごいなと思う。作品の出来に加えて、そんなとこにも感心してみた作品でした。

それと全く逆なのが、「君の名は。」

既存のアニメの流れでもなく、ましてや何かの続編でもない。しかも、原作もののアニメ化でもない。
やっと、某ジ〇リの後が出てきてくれたなと。

内容はあれのソレに思えるところもあるけれど、今までの劇場アニメとは違う流れを見せてくれたところは高く評価したい。

何度か書いてきたけれど、私が見たいのは新しいもの、新しい世界。「君の名は。」は、まさにそれを見せてくれたと思う。

もう新しいものなんて出てこない、昔の焼き直し、続編、あるいは「どこかで見た何か。」、そんなものの連続か・・・と思っていたら、こうやってその時代時代で新しいものが生み出されていく。

来年はいったいどんな「新しいこと」が出てくるのか。

それを楽しみに、今年を〆たいと思います(^-^)

スポンサーサイト
手じまい
2016年12月31日 (土) | 編集 |
ということで、Imperial Sagaの話題。

先日、ログイン500日のボーナスもらいました。初めて1年ちょっとか。
以前から書いているように、いったんこれで手じまいということで。
強化ポイント全振りまでちょこちょこやりますが、まあ、ちょこちょこのレベルで。

最終的なPTは、
imsaga-pt1
てなところ。

他にも仕上がった帝がいるので、試練でも控え含めて帝で埋めるとこまではいきました。
これ以上となると帝がだぶついてくるし、育成も面倒だし、だいたいそこまで強化ポイントが足らんしということで、切り上げるにはいい頃合いかと。

以前は、「ほー、こんなんできるんか?!」と思っていた絶望級S周回も、強化ポイント振っていったら意外なほどすんなりと。
むしろ、できてしまえばこんなもんか、というのが正直なところ。ちなみに、このゲームの一つの目標が、絶望級S周回です。これができるようになれば、強化ポイントの収集が楽になります。

てなところで、Imperial Sagaのまとめの感想を、長所短所別に。

〇長所
・ブラゲらしくプレイ時間があんましとれなくても何とかなる。
・システムとしては単純。
・ログインボーナスでコインがもらえるため、微課金でもそこそこなんとかなる。

〇短所
・「え?これロマサガなん??」ってなイラストが多数。イメージが壊れます(笑)
・単純すぎて、実質上は作業。
・施設の強化がダルい。ホント、ダルい。
・課金で直球に強化できる。なので、今となっては課金ゲー。
・ランキング制のボーナスを取れるのは廃課金者。そうじゃない人は置いてけぼり。

要するに、ちょこちょこやる分には軽くてそれなりに遊べるゲームだけれど、そこそこのところで頭打ちになるぐらい単純なゲームって感じです。ただ、なんとなくな感覚ですが、早い人だと半年ぐらい、まったりやって1年ちょいちょいぐらいで頭打ちになるかと思います。

あと、個人的に手じまいにしようと決断した最大の理由は天帝の導入。
元々強化は課金マンセーなところがありましたが、天帝はこりゃもう完全に課金の範疇ですな。2体同じ帝とかもうね。
単純にガチャで引くかどうかの問題で、ゲームプレイと何ら関係ないやん(笑)

ちなみに、今やってるステップアップガチャ1周回してみましたが、これほど帝が増えている現状、そうそう同じ帝なんかかぶりませんでした(苦笑)。

これらを踏まえて、もうさすがにあんまし伸びしろないし、このあたりが頃合いかと思った次第。
ちょうど年変わるしな。

てなところで、Imperial Sagaの記事はこれにて終了。
全キャラ強化ポイントカンストしたら上げるかもしれませんが、あんまし積極的に強化ポイント集めていないので、もはやいつになるかわからないぐらいですが(^^;

今やってる人、あるいはこれから始めようとする方は、上記内容が参考になれば幸いです。


そして、次回は今やってる別ゲームの話題を(笑)

情報を得ることは難しい
2016年12月31日 (土) | 編集 |
ドローンについて、掲示板で友人とちょいとやり取りをしたので、ついでにブログに書いておきます。
興味ない方は読み飛ばしていただいてOK。

まず、ドローンという言葉。これは、自律飛行できる機体を指します。つまり、無人で自律飛行+遠隔地からの多少の操作で飛ばせる機体のことです。要するに、今の有人ヘリコプターでも無人で自律飛行させることができれば、それはドローンになります。

今、一般的に日本でドローンと呼ばれている、複数のプロペラがついたラジコン飛行機は、正確にはマルチコプター(ないしはマルチローター)と呼ばれるものです。現在、日本でのマルチコプターの飛行は、改正航空法で目視できる範囲と定められており、自律飛行は認められていないので(許可を得ていない場合)、厳密な意味だと、日本にはほとんどドローンはないことになります。

さて、2015年はドローン元年と言われるほど、メディアなんかでドローンの話題が取り上げられました。
ところが、その後の事件により航空法が改正。それにより、産業用のドローンはほぼ死に体であるのが現状です。一般人は間違っても、機体重量200g以上のマルチコプターを買わないように。ぶっちゃけ、飛ばせる場所ほとんどありません(笑)。

これにより、メディアのドローン報道なんかも一気にトーンダウン。これから規制が厳しくなる云々、ってな論調もちらほら出てくるようになりました。

流行り物はドーンと報道すれども、問題が起こると一気に収束ってのが、ある意味メディアらしいと言えますが(笑)。

といった感じで、メディアの報道なんかを見てると、ドローンっていったいどうなるん?ってのがよくわからなくなってきます。
さきに書いた、トイドローンを買うときにネット上の情報も調べたのですが、最近問題になっている「まとめサイト」的なものが多くて、ぶっちゃけそれほど参考になるものではありません。

こういった時にはどうするか。

ドローンの場合は、裏に政府の意向が見て取れます。今の首相は、2018年までにドローンを何とかするってな発言をしてますし。

ということで、ドローンのハード&ソフト関連は経済産業省、その運航については国土交通省の管轄だろうとあたりをつけ、ネット検索でそれ関連を検索してみれば・・・

はい、大体流れがわかりますね(笑)。
なおかつ、政府の報道発表なので、少なくともステマではないですし。

少し前、まとめサイトが問題になりましたが、現状、ネットでの情報なんてたいしてあてにならないので(特に口コミとか)、そういった情報のとり方もあるってのは知っておいていいかもしれません。

ま、ネット長い人にとっては、何をいまさらと言われそうですけどね(笑)


ついでに、まとめサイト的な話は以下展開。

[続きを読む...]
何を飼うか
2016年12月26日 (月) | 編集 |
先週、ハチュ屋さんに行った続きになりますが、お店に、

テイオウヘラオヤモリ
※↑のサイトは私が行ったハチュ屋さんとは関係ありません。

なんてものが。

トウレプにでも出していたのかもしれませんが、私は初めて見る種類。
でっかいし異形だし、これはなかなか・・・

↑のテイオウもですが、ヘラオヤモリの類は独特の異形さが魅力的♪
ちょっと種類は違いますが、パラシュートゲッコーなんかもいいなぁと思います。

ただ、いいなぁと思うのですが、じゃあ飼うかというと悩ましいところ。

魅力的なヤモさん → いいなぁ、欲しいなぁ・・・ → よし!買っちゃおう!
 → ひゃほーい!うちに、○○が来たぞ!

で、その次は?

そこがなぁ・・・(笑)

「男の趣味は、手に入れるまで」、なんてなことを言いますが、手に入れた先のことを考えると、魅力的なヤモさんはいろいろあれど、実際に飼うか?と言われるとなかなか難しいところです。

まあ、パラシュートゲッコーあたりは、もし飼うことがあったとしたら増殖狙うと思いますが(笑)


てなところで、最近のクレスさん。


[続きを読む...]
クリスマス・・・ってことで
2016年12月25日 (日) | 編集 |
クリスマスってことで、こんなものを。

drone161225
いわゆる、トイドローンなんぞを。お子様用のプレゼントならぬ、おっさんしかも自分用というあたりがアレですが。

しかも、半分は仕事がらみというのがね(苦笑)

何事も自分で試してみることが大事、ってことで。

早速飛ばしてみたわけですが、

想像以上にむっずい(--;

んー、ドローンは流行りではあるけれど、これはちょっと子供が何とかなるような代物ではないような気がする。
この手はホバリングで、ある一定位置&高度を保つのがまず最初の一歩なんだが、それがそもそも難しい。
高度は安定しないし、あっちゃこっちゃにふらふらしたおす。

こりゃ手におえんな・・・と思っていたのですが、スピードを一定に保つ機能があり、それを使えばなんとかできなくもない。
ただ、プロポで簡単に操縦できるって代物ではないですね。

現在、「誰でも簡単に操縦できるよ~」という産業用ドローンがありますが、それらはセンサー&ジャイロ&GPSで自動制御ができる機体。↑のような安価なトイドローンにはそこまでの機能はないので、操縦にはそれなりのテクニックが必要なようです。

というわけで、簡単に飛ばしたいのであれば、もうちょっと値段のはる上位機種の方が良さげ。
操縦テクニックを身につけたいのであれば、むしろこういったのを選ぶって手もあるようですが。

さきに書きましたが、何事も試してみないとわからないもんだね~。
メディアで紹介されることが多くなっていたドローンですが、それに関する知識&自分なりの感想を持てたことは良かったかなと思います。

何気に仕事の役に立ったしな(笑)

年末なので
2016年12月18日 (日) | 編集 |
あ、そういえば家用のカレンダーがいるなと思い立ちハチュ屋さんへ。

??と思われる思いますが、要はビバガの付録のカレンダーを入手しにということで。
ちなみに、今年も家のカレンダーはビバガのです(笑)

vivaga161218
危険なところはうまく隠して(^^;

基本的に、ハチュ雑誌はヤモさん特集の時でないと買わないため、今号のビバガも買っていなかったのですが、ビバガは読み物的記事が多いのでこれはこれで楽しめます。アシナシトカゲの飼育なんて、ビバガじゃないと読めんしな。

あと、ちょっと気になったのはサイテスの追加の記事。以前ハチュ屋さんで見かけたと書いた、サイケデリック(ロック)ゲッコーがサイテスⅠ類に分類されたとのこと(あとアオマルメヤモリ)。ごく限られた地域に生息する新種なので当たり前と言えば当たり前なのですが、国内流通していた個体は・・・

仮に趣味家の人が増殖に成功させても、それが譲渡や市場流通されることはないので、結局のところⅠ類分類される前に流通していた分は宙に浮いたような感じになるのかなと。同様なことが、もっと市場流通していたアオマルメヤモリにも言えると思いますが。

ハチュ趣味の世界は奥が深くて、希少種をコレクションするとか、それを増殖させるとかって部分もあるのですが、やはり一般人は、増殖が確立されていて、コンスタントに市場流通している種にとどめるべきなんだろうなと思います。


てなところで、今週のクレスさん。


[続きを読む...]
癒しの二点
2016年12月18日 (日) | 編集 |
放課後さいころ倶楽部 6巻、7巻(著;中道 裕大)、読了。

発刊されているの気が付かず、今になってまとめ買い(^^;

相変わらず安定の出来。
学園生活とボードゲームをうまく絡めた一話完結の形式だが、よくネタを切らさず、なおかつ一定のレベルを保ちながら6巻まで来たなぁというのがちょっと驚き。ぶっちゃけ言うと、3巻ぐらいで終わるんじゃないかと思ってました(^^;

で、この6巻でちょっと一区切りをつけています。そして、7巻からは新キャラが登場して新たな展開がスタート。7巻は旧キャラと新キャラが出会う・・・?ってところで終わっています。

まだまだこの先続きそうで喜ばしい(^^

扱うモチーフがボードゲームと、日本ではマイナーな分野ですが、漫画の出来はメジャー級に負けない作品だと思いますので、まだまだ続いていってほしいですね。


乙嫁語り 9巻(著;森薫)、読了。

まゆげ

以上



ではあまりにあれなんでもうちょい書いとくと、まーとにかくいい。すごくいい。

ツンデレまゆげのパリヤさんの心の動きというかなんというか、そんなところがすごくうまく描かれています。
ちょっとした表情、間のほんの一コマなんかが、すごく丁寧でキャラを生き生きとしたものしています。このあたりはほんと、さすがだと思います。

ついに、ツンデレまゆげさんも幸せになるんだなぁ(涙
と、癒し感満載。ええ話や。

ということで、次は、スミスさんだな!


お悔やみ申し上げます(-人-)
2016年12月18日 (日) | 編集 |
島木譲二さんがお亡くなりに。

ご冥福をお祈り申し上げます。

大阪では、「梅田歩いとったら吉本芸人に会うで。」と言われますが、実際私も梅田で島木譲二さんは見かけたことがあります。逆に、島木さんだけしか見たことないですが(^^;

持ちネタは、パチパチパンチ、ポコポコヘッドが有名ですが、「んー、チューイングボン」とか「ごめりんこ」とかもあります。
いずれも爆笑するほどのネタではないですが、それゆえに親しみやすく、なおかつ誰にでもできるというところが受けてました。特に私の友人の間では(笑)。

「これ、どないなっとんねん。」

「ごめりんこ。」

「おまえしばくぞ(--。」

以上、テンプレみたいな。

また、パチパチパンチは「これが大阪名物・・・」って枕詞がつくうえ、体を使った芸なので、とりあえずこれやっとけば何とかなるってなところがあります。

実際私も、
宴会で何か芸やれ、と言われた時に、パチパチパンチとポコポコヘッドやったことがあります(笑)
ビバ、バチバチパンチ。

そんな島木さんも、享年72歳か・・・
年の瀬に、いろいろと思い出す訃報でした。


ちび助のケージ
2016年12月11日 (日) | 編集 |
簡易温室に移したちび助さん達。先週も書いたように今のところは特に異常もなく。こんな簡易ケージでも飼育できるもんだね。

今回のちび助ケージのポイントは2つ。

一つは市販のプラケを縦置きにして使っていること。クレスの場合は低面積よりも高さの方が重要だと思います。
もう一つは、市販のプラケの中から、ニッソーのプラケをチョイスしたこと。

ニッソーのプラケ

私がこれを選んだ理由は3つ

〇形状が四角(プラケによっては、側面の一つが凸状になっているものがある。縦置きにすると少々問題)

〇ふたの入り口(?)の間口が広く、なおかつスライド式
(観音開きでもよいと思いますが、間口が広いのがポイント。CGDの容器を取り換えるときに手を入れるので、間口が広いと楽)

〇ふたがメッシュで通気性が良い(デジケースだと多分湿度が上がりすぎて蒸れる)

実は、簡易温室を作るよりも、上記のような要件を満たすプラケを探すのに手間取ったのが、ケージを変えるのに時間がかかった最大の理由だったりします(ショップに現物を見に行ったりしてたので。たまたま行ったショップで現物を見れたのがラッキーでした)。

次回はケージのレイアウトについてでも。

てなところで、今週のクレスさん。


[続きを読む...]
冬支度
2016年12月11日 (日) | 編集 |
すっかり冷え込んで冬本番という感じ。
年末に向けて大掃除をちょっとちょっと進めたり。

sekkoku161211
セッコクの取り込み。春蘭の類は部屋の中へ。
毎年変わらずですが、これをやると一年も終わりだなぁという気がします。

今年は夏の灌水頻度を増やしましたが根の状態はばっちり。やっぱし、夏は灌水頻度を上げてしっかり水やらんとだめだなと反省。
あと抜いてみて分かったが、ちょっと水ごけの詰め方が甘かったような感じ。水の抜けを良くしようとややふんわり目に詰めたのが良くなかったかもしれない。その分、根の張りが少々弱い気がする。

来年の植え替えの時には気を付けよう。


だからボクは鳥を見た
2016年12月10日 (土) | 編集 |
私家版鳥類図譜私家版魚類図譜(著;諸星大二郎)、読了。

今さら何をかいわんや。諸星先生の作品である。

ぶっちゃけ言うと、諸星先生の作品はそれほど読んでいない。

なんとなれば、怖いから。

当然ながら、ホラーみたいな安っぽい怖さではない。心の闇、なんてなつまらないものでもない。

心の奥の方に沈んでいる、普段は気づかない虚構。なにか人間の根幹のところにあるイメージ。
そういったものが独特の画で描かれているのが諸星先生の作品だと思います。

怖いといえば、以前あげた高橋葉介先生の作品も怖いですが、それとはまったく別種の怖さがあります。

けれど、この怖さというか、独特の突き刺さり方がものすごい魅力なんだよねぇ。

というわけで、何を言ってるのかわからない人は、ぜひこの機会に諸星先生作品をご一読を。
そうでない方も保存用にぜひ(笑)

追:個人的にはユニコーン狩りが好き。

いい感じかも。
2016年12月04日 (日) | 編集 |
先週組み上げたクレスのちび助さん用簡易温室。

1週間回してみましたが、今のところは問題もなく。餌食いも変わらずで一安心。

クレスはあんまし神経質ではないので、ケージの変更とかしても割と平気なのは、飼育者として気が楽です♪

ホント、飼いやすい小動物だよなぁ。


てなところで、今週のクレスさん。


[続きを読む...]
そろそろだなぁ。
2016年12月04日 (日) | 編集 |
若干、ばたばた感が落ち着いてきた今日この頃。
年の瀬ですなぁ。

ryuuzi161204
中国春蘭~竜字の花芽。なんか久しぶりな気がする。
竜字は好きな花の一つなので、来年、花を見れるかと思うとわくわくするね。

今年は夏の灌水をしっかりやったためか、今までになく生育が良いような気がする。特にセッコク。

ぼちぼち水を切り始めたので、来週ぐらいには冬越しに取りかかるかな。

読みたくなるねぇ。
2016年12月04日 (日) | 編集 |
バーナード嬢曰く。 3巻(著;施川 ユウキ)、読了。

面白いけど本の漫画だし、単発で終わるかなぁ・・・と思っていたら、何気に3巻目。
あげく以前書いたようにアニメ化までされるというね。

出版不況と言われて久しいが、「なんだ、みんな結局本好きやん。」、と思っちまうね。
本から電子書籍に形を変えていきつつあるかもしれないが、小説、物語 etcというのは、やっぱり永久不変なものなんだと思います。
最後は口伝で(笑)。

さて、内容については相変わらずのノリではありますが、出てくる本見てると、「おー、読んでみてぇ!」と思わせるところが本作のよいところかもしれません。

本巻でもいくつか読みたいと思う本が出てきましたが、個人的におそらく確実に読むであろう作品は、

これ

書店で見てごっつい気になっていたんだが、そういう内容だったのか!と。
わたしのいつもの守備範囲ではない作品も結構出てくるので、非常に参考になります。

なお、個人的にツボったのは、「おされな本」ってことで上げられていた、

これ

(笑)