オタクのおっさんの戯言

謎の皮膚構造

先日、はくろさんが産卵床に潜っているのを発見。

やっと、産卵床を認識してくれたか。バーミキュライトの上に水ごけを敷いたのが功を成したか、はたまた産卵欲求にかてなかったか。
しばらく、卵のせいかおなかがぽんぽこりんになってたからなぁ。

で、今は産卵床から出てきてケージ内をうろついているのですが、湿ったバーミキュライトに潜っていたにもかかわらず、体表に汚れがほとんどない。あんなもちもちっとした質感の皮膚なら、バーミキュライトででろんでろんに汚れそうなものだが。

むしろ、眼にバーミキュライトの汚れがついているという。

きめが細かくて、かつ撥水性があると汚れが付きにくいのかもしれないね。

いずれにしろ、生き物の体っていうのはよくできてるなぁと思います。


てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む
スポンサーサイト

帝育成まとめ

ということで、Imperial Sagaのお話し。

ついに強化ポイントの課金売り(しかも武器、防具強化素材付き)をはじめたようで、すっかり課金ゲー路線まっしぐらな感じですな。まあ、上位者はこれまでに強化ポイントをしっかり稼いでいると思うので、比較的初心者向けの救済策か、はたまた、

ガチャで帝ひいても強化ポイント足らんから、もう帝引く意味ないんだよなぁ(--

という、私のような人向けかもしれませんが、個人的には全くやるつもりはありません。

てか、単純にもうちょっと入手しやすくすればいいと思うんだけどね。

ガチャに誘導したいのなら。

~ 閑話休題 ~

先日、帝の成長を~って話をあげたので、実際にまとめてみました。

emp-growth
~表の説明~
・成長値=40戦終了時のステ値
・上昇量=成長値-初期値
・MAX%=初期値×2をMAX値としたときの、成長値の%
・3値計、HPはそのまんま
※ぞう1回目、2回目は同キャラをリターン使って育成やり直したもの。
なお、↑表クリックでもう少し大きな表で見れます。

基本的に全☆9(イベント超級含む)のフル開花ですが、39回開花が何人かいます(--;
あと、「うぉーあがんねー!」と☆10を何戦か回したのもいます。結果的に変わりませんでしたが(--


上記表をまとめると、

○初期値が高い能力値の上昇量が大きい傾向(初期値の高い能力値が伸びやすい)。ただし、必ずしもそうなるとは限らない。
(例;フェルディナント)

○初期3値合計と上昇量3値合計に、相関はなさそう(初期値が高いと上昇量大とか、その逆もなさそう)
 →逆にいうと、初期3値合計に関わらず上昇量は一定だから、初期3値合計;90のキャラが、昨今の3値合計;100以上のキャラと3値で競り合うのは、神成長しない限り厳しい(初期値の10差が埋まらない)。

○☆9のフル開花で上昇量=76程度(平均)
 →これは、先日書いた王の成長からの類推と大体当てはまります。
  要するに、1周で3値が2上がればOKともいえる。

○術士、耐性持ち、亜人であることによる成長量への影響はなさそう。
 →成長量は同じで、単純に初期値(特にHP)が低めに設定されている様子

○3値の上昇量;最低値=67、最高値=91。その差、24(約26%)。
  3値のMAX%;最低値=82.8%、最高値=94.6%。その差、11.8%。
  振れ幅大きすぎ。

○HPのMAX%;最低値=90.6%、最高値=100%(カンスト)。その差、9.4%。
  これも振れ幅でかいが、3値よりはややマシ。

ということで、3値合計が76未満ならリターンで再チャレンジするのが良さげ。成長がよりよくなる可能性があるので(平均値の76で1/2程度の確率という意味で)。

また、「開花を使うとHPの伸びは期待できるが、3値には期待しない方が良い。」と言われるのは、開花使った方が3値は確実の伸びるものの振れ幅が大きく、それに対してHPは振れ幅が比較的小さいので、安定して伸びているように思えるからかもしれません(しかも、絶対量として20%アップ=15ポイント程度の差なので、これほど振れ幅があると、15ポイント程度は消し飛んでしまう)。

しかし、インサガは「育成もガチャ」といわれますが、実際数値並べてみるとよくわかりますね。開花使っても3値上昇量に24差があるとかすごいよね(苦笑)。あらためて、インサガの育成は運だと思いました。

ここが好みの分かれるところかもしれんなぁ。
ちなみに、個人的には嫌いです(笑)。課金アイテム使ってこの振れ幅はどうよ・・・
あげく、成長が悪けりゃ一からやり直し、しかもやり直す前より良くなるって保証もない。

強化に確率があるような他のゲームと、せんじ詰めれば同じなのかもしれんが、この「やり直し感」が個人的にはいまいち合いません(--

追:
余談ですが、個人的には「高難易度育成」はあまり信用していません(高難易度=帝なら☆11以上とか)。
高難易度育成で成長量伸びるのなら、将を☆10でコマンダー育成したら、すんごい成長することになるからね。

ここは検証していない部分ですが、GROWTHのグラフを見る限り、☆9育成でもグラフが腰折れすることはありませんでしたし、↑のピンクタイガーのような高成長も出てきているので、個人的には帝の育成は☆9で十分ではないかとみています。

また、コマンダーだと伸びが悪いとかいうこともありません。↑のピンクタイガー、ソフィア、リッチあたりは、ほとんどコマンダーで育成しています。

追:
あ、ギュスターブのブの字間違えた(^^ゞ

触発されて

humberg16090222
不格好ですがハンバーグです(言い切る)
甘々と稲妻見ていて食べたくなってしまい作ってしまいました(笑)

というか、某チェーン店でハンバーグを食べたのだが、なんの練り物?みたいな味でげんなりしてしまい・・・

ならば自分で作ってみるかと言うことなんですが、実は私、ハンバーグはほっとんど作ったことがなく。
なぜかというと、私の親がまったく作ってくれなかった料理だったから。そのため、感覚的にちょっとピンと来ないところがあります。

一般のご家庭だと、それこそ子供に大人気のメニューだし、簡単に作れる割には肉肉しいボリューム感があるのでちょこちょこ作られていると思うのですが、私が子供の頃、親にハンバーグをリクエストしたところ、

「ハンバーグなんて作らへんよ。ひき肉なんてどんな肉使ってるかもわからへんのに!」
と、ある意味至極まっとうな理由の前に、子供の夢;ハンバーグはあえなく撃沈。いつの世も、大人の理屈が子供の夢を壊していくんだよ、うんうん。

そして、もう一つの理由。それはうちにパン粉がないこと。揚げ物をしないからハンバーグ以外に使うところがないし(笑)
食パンを乾燥させておろし金でするかとも思ったのですが、(かびさせずに)乾燥させるのが大変そうだし、それ以前に買った食パンは朝食で食いきってしまうので余る余地がない。ということで、やむなく(?)パン粉を購入。ええ、食欲には勝てませんでした。

そして、材料をそろえ、例によってネットでレシピを検索♪ なんか順番が逆のような気もしますが、材料は甘々と稲妻で見て覚えたので問題ないはず(全幅の信頼)。

して、レシピを見たのですが、

○○を使ったヘルシーなハンバーグ!
いやいや、おっさん、不健康なハンバーグを食べたいんだが・・・

男子にモテる!○○ハンバーグ。
ごめんよ、おっさん、そっちの趣味はないんだ。

と、意外と素のハンバーグのレシピが見当たらず。ある意味定番料理過ぎてか、アレンジレシピの方が目立ってるというね。
その中から、わりとストレートっぽいハンバーグのレシピを見つけだし、分量だけ参考にして作ったのが↑というわけです。

個人的にちょっと意外だったのは、卵を使わないこと。私のイメージだとハンバーグはつなぎ(?)に卵をいれるもんだと思っていました。
ところが、甘々と稲妻でも卵は入れてない風でしたし、↑の参考にしたレシピでも卵は使っていませんでした。とはいえ、別のレシピでは卵を入れてるのもあるし・・・ハンバーグに卵を入れる/入れないに詳しい方いらっしゃいましたら、ぜひコメントください(笑)

ソースは、ハンバーグを焼いたフライパンにケチャップ+ウスターソースを投入して作成。ハンバーグでは定番かと。

そんな感じでこさえたハンバーグ。

やっぱうめぇわ ヽ( ´ ∇ ` )ノ

ちゃんと肉の味がするし(笑)

うちには材料とか調味料がそれほどそろっていないので、どうしても作れる料理が偏ってしまいがちですが、たまにはこうやってレパートリーを広げるのも必要だなぁ。ま、

甘々と稲妻に影響を受けた

というのは否めませんが(笑)
以前書いた通り、甘々と稲妻は作ってみようかと思わせる料理が出てくるのがいいよね。あれぐらいはおっさんでも手が出せるし。
というか、そこらへんが狙いなのかもしれないな。お父さんがちっちゃい子供に作ってあげる料理、お父さん作ってあげてね!みたいな。

ということで、甘々と稲妻おすすめですb(←そこか?)
(↑あげくもう終わってしまったが)


追:今回の反省点
やっぱ、市販のひき肉はよろしくない。これは親の言ってたことが正解。次回は普通の肉を叩いて作ろう。
あと、玉ねぎはもっと細かくみじん切りに。
これに香辛料があればなんだけどなぁ・・・

追:
チェーン店系のレストランのハンバーグは、ろくでもないのが多いけど、

さわやかは別格。

ここのハンバーグは美味い。しかもお値段リーズナブル。

以前はさわやかのハンバーグが、割と普通に食べれたってーのも、自分でハンバーグを作らなかった理由の一つだったりします(^^;

なくなること

先日、あるTV番組を見ていて思ったことを。

その番組で取り上げていたのはペットロス。愛するペットを失った悲しみで、精神的に不安定になり、場合によっては身体にも影響が出てくるというもの。

ペットに限らず、愛するパートナーを失うということは、人間にとって非常に大きなストレスになるのですが、ペットの場合、ほぼ確実に飼い主の人間より早く亡くなるので、いつかはその時が訪れます。

で、その番組で興味深かったのは、あるペットロスになった方が、次のペットを飼って、そのペットが妊娠、出産したことをきっかけにペットロスから回復したこと。

あらたなペットを飼ったというだけではなく、そのペットの次の世代ができたというのが、ペットロス回復への大きな要因になったのかもしれません。


うちの、クレスさん、特にきりかさんなんかは、そろそろ寿命を迎えるのではないかと思っているのですが、それを引き継ぐ次の世代が産まれているのはありがたいことなのかもしれません。

爬虫類は種類によるものの、個人でもブリードして増殖可能だというのが、魅力の一つかもしれません。


てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む

世界の数だけ。

日本料理店でコースを頼んだとする。〆の甘味にモンブランが出てきたら、「なんで??」となるだろう。

あるいは、パスタ屋に入って、メニューに「讃岐うどん」が載ってたら、やはり同じく「はい??」となるに違いない。


日本料理屋の場合、女将から「今日は丹波栗のいいのが入ったんでモンブランにしてみたんですよ~」と説明があれば、「あー、そういうことですか。」とちょっとは納得できるかもしれないが、それでもなんとなく違和感は残るだろう。

パスタ屋の場合、「店主が四国の生まれなもんで。」と説明されれば、「うどんは日本のパスタっていう店主のこだわりか?」と、思える部分もあるかもしれないが、なんか今一つ釈然としないものがある。

日本料理の〆にモンブランが出ようがナタデココが出ようがハニードーナツが出ようが、それがいけないという法はない。パスタ屋の場合もしかり。しかし、いかに理由をつけようとも、「いやいやそれは日本料理(ないしはパスタ)じゃないやろ!」と思ってしまう。

ところが、
「とりあえずビールで。あと、枝豆と・・・」
「サラダは何いっとく? ふんふん。 じゃあ、サラダはこのシーザーサラダで。」
「あと、フライドポテトと・・・ あ、刺盛りみたいなのあります? あ、これ? これが刺盛りか。じゃあ、これを三人前。とりあえず、それだけで。」

枝豆、シーザーサラダ、フライドポテト、刺身盛り合わせ。並べて書くと何料理屋だよ?と思うけれど、誰でも知ってる居酒屋料理。和洋折衷でも何の違和感もない。


と、料理の話から入りましたが、本エントリーは英雄譚の話です(笑)

前回、
「英雄譚は構造上同じであるにもかかわらず、各英雄譚の各パーツを適当に組み合わせると、(若干調整しないと)微妙に違和感が生じる。」
と書きましたが、それは↑の料理に違和感が生じているのと似ています。

日本料理には日本料理の、パスタにはパスタのイメージがあります。ところが、そのイメージと異なったもの、↑の例だとモンブランや讃岐うどんが出てくると、それぞれの料理に抱いているイメージと異なるので、ちぐはぐ観を感じてしまいます。反面、居酒屋は「なんでもあり」と認識されているので、異なった種別の料理がちゃんぽんで出てきても違和感を感じることがありません。

同様なことが英雄譚にも当てはまります。

この「イメージ」、少し難しく書けばある特定の事象に対する認識のこと、これを「世界観」としましょう。

物語あるいは英雄譚は、ある特定の世界観の上に形作られます。
ファンタジーなら中世西洋の世界観、時代劇なら江戸時代の世界観、SFなら近未来の世界観。その世界観の中で英雄譚は語られていきます。

そして、あまり意識されていないのですが、この世界観というものは、思った以上に各個人の中に刻み込まれています。
「○○はこういうもの。」だとか「XXはこうあるべき。」とか。

そのため、たとえ構造は同じでも、異なった世界観が混じってくると、自分が持っているイメージと食い違うため違和感を感じるようになります。基本的に、一つの世界観の元で一つの英雄譚が語られるので、他の世界観の英雄譚を混ぜる場合には、それなりの調整が必要です。

逆にいうと、英雄譚は共通の構造を取りながらも、世界観を変えるだけで別の物語にすることができます。したがって、英雄譚は、世界観の数だけあまた存在できると言えるでしょう。

根本的な構造が同じでありながら、世界観、つまり人のイメージの数だけ無数に存在できる。
それが私にとって、英雄譚の魅力の一つになっています。

私の場合、英雄譚(いわゆるヒーローもの)を読んだり見たりする場合、ストーリーにはあまり頓着しません。物語の構造はどれもほぼほぼ一緒だからです。ぶっちゃけ言うと、私はほとんどの場合、世界観しかみていません(笑)

さて、この世界観というもの、「要は西洋ファンタジーとか学園ものとか、そういうジャンル分けのことでしょ?」と思われるかもしれません。ところが、そう単純にはいかないところが、この世界観の面白いところです。

ちょいと、さっきの居酒屋の例文を使って遊んでみましょう。

その一
「とりあえずビールで。あと、枝豆と・・・」
「サラダは何いっとく? ふんふん。 じゃあ、サラダはこのシーザーサラダで。」
「あと、フライドポテトと・・・ あ、刺盛りみたいなのあります? あ、これ? これが刺盛りか。じゃあ、これを三人前。とりあえず、それだけで」

「かしこまりました。ご注文は以下の通りでよろしいですね?」
注文ロボットの胸部モニタに、先ほど言った料理のリストが映し出される。リストの最下段にある「はい」のアイコンをタップする。
「ご注文ありがとうございました。」、注文ロボットは頭を下げると軽いモーター音を響かせながら下がっていった。

「いやー、今はなんでもかんでもロボットだなぁ。ちょっと前までは、注文用のタブレットが机にあるぐらいだったのに。」
「ロボットは料理を届けるまでしてくれるからな。そいつはタブレットじゃ真似できんわな。あと、客寄せの意味も大きいみたいよ。」、連れの男はメニューをぱらぱらめくりながらそう答えた。


その二
「とりあえずビールで。あと、枝豆と・・・」
「サラダは何いっとく? ふんふん。 じゃあ、サラダはこのシーザーサラダで。」
「あと、フライドポテトと・・・ あ、刺盛りみたいなのあります? あ、これ? これが刺盛りか。じゃあ、これを三人前。とりあえず、それだけで。」

男はそう話すと視線を前の壁に向けて口を閉ざした。部屋の中にはその男ただ一人。男が座っている椅子の他には、簡易ベッドとトイレがあるだけだ。

「この被害者は約2分半のインターバルを置いた後、先ほどの「台詞」を起きている間中ずっと繰り返します。」
別の部屋から男の様子をマジックミラー越しに見ていた若い男は、隣に立つ白衣の男にそう説明した。
「この注文が終わった後に被害にあった、そう考えていいのかな?」、白衣の男は若い男にそう問いかけた。

「あるいは、最初の注文が届いた後かと。」
「なぜそう考える?」
「はい、調査報告によるとその居酒屋では、注文後最初のビールを出すまでの時間が約2分半だったようです。この時間は「台詞」のインターバルとほぼ合致します。」、若い男は手元のタブレットを操作しながらそう答えた。マジックミラーを透過しないよう照明をやや落とした部屋の中で、タブレットの光が若い男の顔を浮かび上がらせる。

「なるほど。「台詞」を聞いていると彼の他にあと2名いたようだが。」
「他2名は死亡が確認されています。」、若い男はタブレットを操作し、3名の男の顔写真とプロフィールを画面に映し出した。


さて、↑の二つの世界観はいかがでしょうか?

次回は、奥深くて難物、怪しくも面白い、この世界観というものについて書いてみたいと思います。

まあ、こんなところかな。

久しぶりに、インサガ(Imperial Saga)の話題。

最近のアプデで、

○武器、防具の追加および強化
○ドロップボーナスキャラの設定
○強化ポイントがやや入手しやすく

が入りました。
個人的には、2、3番目がありがたい。強化ポイントは足りないが、そうぽんぽん周回できるほどの時間がないので。
少し入手しやすくなったので、相変わらず地道に稼ぐことにしましょう。

武器の追加はかなり大きくて、火力が全体的に底上げ。おかげで、☆9周回がかなり楽になり、育成もはかどるように。
ただ、術適正増加の防具や武器が追加になりましたが、どうも術適正には上限(75?)があるようで、結果的に優良技で殴った方が高ダメの様子。

あまり術士にこだわる必要もなくなってきたかもなぁ。実際、コンバットやってみて術より技の方が痛かったし。これで、若干ヴァーミリオン・サンズの脅威が薄れたかもしれん。

個人的な近況としては、工房がやっとこLV10に。これで工房に突っ込む用の戦士の育成をやらなくて済むかと思うと、それだけで気分が楽になります(笑)。戦士入ったらさくっと引退にほりこめるしね。

あと、やっとこ帝PTを組めるようになったので、コンバットもだいぶ楽になりました♪。やっぱ、帝は強いわ・・・強化ポイントふりだしたってのもありますが。

○帝確定チケガチャ
例によって、ガチャ自体は王@1といつものごとく(笑)
で、帝確定からは、

yukidarumats
あら、かわいい♡
そして、欲しかった術士がやっとこ入手。
雪だるまらしく(?)なかなか虚弱ですが、術士はこれで十分だなぁ。というか、もう帝ガチャは打ち止めでいいや。

だって、強化ポイント足らんし。

今いる帝をきちんと育てりゃ十分だな。
このあたりの頭打ち感がインサガの弱いところかもしれん。

なお、イベントやパネルクエストでもらった帝10%や帝4%チケットはことごとくはずれ。このあたりはデフォ。

○王育成
ボーナスポイントついでに王を☆9で回した結果。もちろん無開花。

gens
3値+56、HP+314.。3値/周=1.6、HP/周=9.0。

yukidarumas
3値+59、HP+278。3値/周=1.7、HP/周=7.9。

王なので35周。帝の40周にはめれば、3値+65~+70ぐらいか。開花で+20%すると、+75~+80ぐらい。
実際の帝の育成でも大体そんな感じ。もちろん、初期3値によって成長量が左右されるところもあるように思うので概算ですが、帝の育成で、3値+75未満だとリターンでやり直した方がいいのかもしれません。

このあたりは、うちの帝の数値をもうちょい拾ってみるかな。

ちなみに、他のサイトで既に報告されていますが、GROWTHのグラフはある意味全く役に立ちません。

以前書いたように、GROWTHのグラフは、成長量;3値=1ポイント、HP=2ポイントをそのままグラフにしただけなので、HPが上がるとグラフの傾きは大きくなります。

つまり、HPが上がりやすい=HPの初期値が高いキャラはグラフの傾きが大きく、ものごっそい成長したように見えますが、3値の成長量は大したことないことがままあります。

3値にこだわるなら、都度、3値の上昇値を見ながら育成するのがお勧めです。

開花使っても成長量がフレまくるので(--

このゲーム、キャラの入手どころか、育成までもガチャ(ほぼ運)なのがなぁ。
そこを個体差がでて面白いと見るか、「育成までガチャかよ!」と思うかは個人の好みだと思いますが、私的には割り方ストレスです(笑)

育成しながら、「うわー、全然あがんねぇ・・・」とか、たいがい疲れるよ・・・周回自体かったるい上に、課金アイテムの開花使っても成長が悪ければリターンでリセット=開花が完全に無駄にされちまうからな。

ま、ガチャゲーというかオンゲなんてこんなもんかもしれませんが、ダメならリターンで完全に一からやり直しってーのが、なんか賽の河原の石積みを彷彿とさせます(笑)


あの後だとなぁ・・・(--

スーサイド・スクワッド(監督;デヴィッド・エアー)、を観る。

年初、ヲタク的に今年のヒロインはハーレイ・クインだろうと言われてましたが、ふたを開けてみれば、尾頭課長補佐(シン・ゴジラ)が圧倒的すぎて、あれは絶対に越えられんよなぁと。

したらば残り気になるところといえば、ジョーカー。ジョーカーの壊れっぷりがどれぐらいか。あのダークナイトのジョーカーを超えられるか?ってなことを考えながら見に行ってきました。

結論を言えば、ある意味フツーのアメコミ原作のハリウッド映画。(主役がヴィランとはいえ)

ハーレイ・クインもそれなりにキレてるし、全体的な作りも悪くない。さすがに今のハリウッド映画、そつなくまとめてきます。
ただ、ヴィランの集団がそれなりに団結して敵に立ち向かうって構図はなかなか難しく、頑張ってもっていってるなぁ感はぬぐえません。普通のヒーローものに比べて感情移入しにくいし。

そして、やはり「あの」ジョーカーは越えられることもなく・・・(´・ω・`)。まあ、本作はそこじゃないといえばそうなんですが。

あと、いくら最凶のヴィラン集団とはいえ、今回の敵ボスにバットで立ち向かうのはどうよ?と(笑)なんぼなんでも、素の戦力差がありすぎだよなぁ。

まあ、しいていえば、ハーレイ・クインよりもエンチャントレスの方が可愛かった、のは拾った感がありましたが(ヲイ

全体的になんだか低めな評価になってしまいましたが、

シン・ゴジラと君の名は。観た後だったら、ほぼほぼどんな作品でもこうなっちまうよね。

というわけで、

シン・ゴジラと君の名は。未見のかたは今すぐ劇場へ!

って、ヲイ!!(←自分ツッコミ)

いや、でもホント、この2作は劇場で観とけ。マジで。


選抜の基準

これまたある本を読んでちょいと思ったことを。

家畜やペットの犬猫と同様、爬虫類でも品種改良は行われている。

品種改良といえば、レオパードゲッコー、ボールパイソン、コーンスネークのモルフ(体色)の改良が有名。様々なモルフが存在し、今でも新しいモルフ生み出されている。

ただ、爬虫類の場合はもっぱらモルフの改良が主体。というか、それ以外はあまり聞いたことがない。
ここが、家畜やペットと大きく違うところかなと。

家畜やペットは、飼いやすいように野性性を抑える方向の選抜が行われている。もちろん、野生味を残した種類もいるが、それらは人になつき難かったり、狂暴だったりして一般的には扱い難いとされる。

さて、それでは爬虫類も「飼いやすい」という選抜基準で品種改良が行えないだろうか?

もちろん、「飼いやすい爬虫類、野性味の無い爬虫類なんて爬虫類じゃない!」というご意見もあると思います。
ですが、品種改良の選抜基準ってモルフだけではないような気もします。

「人間、見た目じゃないよ、中身だよ。」と言いますが、爬虫類の品種改良の選抜基準はほぼほぼ見た目なのには、なんだか人間の業を感じますね(笑)


ま、「飼いやすい」って遺伝的形質が爬虫類の中に存在するのかという、根本的な問題はあるのですが。


てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む

今年はうまくいったようで

9月も中旬を迎え、やっとこ少し涼しくなってきたかな。

それにしても、やはり関東は中部地域よりも涼しいね。中部地域の夏を過ごしてきた者からすると、こちらは圧倒的に過ごしやすい。
特に、夜温はそれなりに下がるところがあり難いね。

gagyus160911
先日播種した臥牛が芽を出してきました。今年はうまくいったようで。

というか、昨年は乾かしすぎたなぁ・・・
やっぱ昨年は、引っ越しで本体がへたばってたのが大きかったとあらためて。

語り継がれる物語

君の名は。 (監督;新海誠)、を見る。

NHKの連ドラである。主演は仮面ライダーBLACKのあの人。
主演に抜擢された時は、「え?あの人が連ドラ?!」と驚いたが、始まってみたら案の定歴代最低視聴率(当時)を記録し、TVの前で「そんなん、BLACK見とったらわかるやろー!」と叫んだものである。

・・・

昔語りをしてすいません。。。
おっさんの戯言と許されよ(笑)

さて、それはさておき、監督;新海誠さんだが、企画は川原元気さん。「世界から猫が~」の作者の方。
以前、「世界から猫が~」の時にちょっと書きましたが、まったく新しい話というのではなく、その時々、その時代に合った世界観で描かれるある意味不変の物語。本作もそのように感じます。

目覚ましのアラームで始まる朝と物語。

男女が入れ替わる。

美しい自然の描写。そして、神社。


そうか、尾道三部作か。。。

違うのは時代観。そして、アニメによる圧倒的な描写。今の音楽。

おっさんからすると、今のアニメでありながら、懐かしい感じがする。そんな作品でした。

もちろん、完成度は素晴らしく、画、音楽とも申し分なし。破綻なく持っていくのが難しいギミックを、うまく作品の中に落とし込んでいるのは驚嘆の域です。

今の若人に大人気だというのもうなずけます。
そうか、あの時、尾道三部作の熱量とはこうだったのか。。。

若者は、そこに今を見て自分を映し出し、おっさんは、遠い昔に見たものを思い出す。

決して新しい話ではないけれど、人が人である限り、その時々において、その時代時代の文法で語られる物語。
それが本作品だと思います。

今の若人にも、昔の若人にもおすすめですb


追:
シンゴジラ:「やっと、やっと、やっとのことでゴジラが帰ってきた!」

君の名は。:「あの時の、あの思いを、もうあの時の様には感じられない自分がいる。。。」

そんな感じ。

あの時の、ときめきを、確かに思い出せるけど、もう二度と感じることはできない。


追:
シンゴジと君の名は。の共通点。

抗えぬ天災に向かう、人の姿勢とその思い。


飼いやすさ

ちょいと本を読んでいて思ったことを。

まず、クレステッドゲッコーは飼いやすいか?、と言えば、私的には非常に飼いやすい生き物だと思います。私が今まで飼育したことがある小動物の中ではトップランクの飼いやすさです。

では、飼いやすいからクレステッドゲッコーを飼うのか?、というとそれはちょっと違うなと。

生き物を飼うというのはある種、趣味的なもんです。飼いやすいから飼うというのは、簡単な趣味を趣味にする、みたいなことになるんじゃないかと。

やはり根本的には、飼いたいものを飼う、というのがいいんじゃないかと思います。自分の好みに合った、納得いくものを飼うというのはすごく重要なことだと思います。

ただし、気を付けておきたいことは二つ。

一つは、飼いきれないものを飼うこと。いくら好きでも、最終的に体サイズが大きくなりすぎて飼いきれないとか、運動量が必要で飼育にそれなりのスペースがいる種なのに、飼育スペースが限られいるとか。あるいは、家を空けることが多いのに、こまめな餌やりが必要な生き物を飼うとかね。
この手は最終的に飼いきれなくなって、その生き物を死なせてしまうとか、最悪、野外に捨ててしまうとかになりかねないので、ここは飼う前にきちんと考えておくべきだと思います。

もう一つは、自分が気に入った種類を飼ったものの、飼育が少し難しかったり、不慣れだったりして、飼った生き物を死なせてしまった。その時、「あー、生き物を飼うのは難しいんだ。」と、飼うこと自体をあきらめてしまうこと。

これは悩ましいところだね。「最初になにを飼うかは非常に重要」とも言われるし。

ただそれでも、「興味はあんまりないんだけれど、飼いやすいから飼ってみる。」というよりは、「ちょっと難しいかもしれないけれど、飼いたいからチャレンジしてみる。」方を、個人的には推奨したいですね。

「飼育は愛情」とも言われますが、興味が薄い生き物と飼ってみたい生き物、どちらに愛情を注げるかを考えてみればおのずと答えは出るかと思います。



てなところで、今週のクレスさん。

続きを読む

種が取れるのか?

先日あげた、ドルステニア・バルミニアナ。
いまだかつてないぐらいしっかりした花になってきました。この種は自家受粉するそうだが、んー採種できるのだろうか??
種が取れるようならまいてみたいのだが・・・

本種は情報が少なくてよーわからん。検索すると、うちのブログが上位に出てくるほどだしな(笑)


~ 品種紹介 ~

えー、久しぶりの紹介で、どこまで紹介したか覚えていない(^^;

gagyu160904
臥牛のザラ肌タイプ。葉幅をひくものだと、怪獣っぽいいかつさが出ます。

臥牛はタイプによっていろんな表情を見せるところが面白いですね。

いい色に

台風の日、夜が涼しかったせいか、ちょっと夏風邪気味に orz

熱が出るほどではなかったですが、のどがイガイガと痛く、なんとなくかったるい感じに。

季節の変わり目は注意しないとダメだなぁ・・・

~ 閑話休題 ~

kh160904
去年作った、クレスさんの革キーホルダー。想定通り革のエイジングが進んで、モデルのナルカミ君と同じような色になってきました♪

経時変化が楽しめるのが、革のいいところだなぁ。


プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器