オタクのおっさんの戯言

咲いてきました

GW?何それ?おいしいの?

ゴホン。
それでは気を取り直して、

~ 植物紹介 ~

dangaif160430
断崖の女王

dangail160430
新葉は白くてもふもふ。

torico160430
トリコデアデマ。お日様を反射してキラキラ。

siratama160430
白くて可憐な、白玉。

ukonmaru160430
黄色で清楚な、右近丸。


明日から5月。
街路樹のつつじも満開。うちのベランダも花の時期になりました。
ただ、咲いてる花が、ここのところ毎年同じなんだよなぁ(--
再来年ぐらい目標で、もちっと何とかしたいな。

スポンサーサイト

個人の好みと世の中の決まり

先日、IPPOの話を書いたので、ちょこっと靴にまつわるお話なんかを。
新人さんとかで革靴を履き始めるようになった人への蘊蓄みたいな(笑)

○ホテルマンは客の靴を見る。
ホテルマンは客の靴を見て、どういった客か判断するという。だから、靴は高い物を買っとけ・・・云々ってな話を聞きますが、個人的にはこれはどっかの業者の宣伝かなぁと。

ぶっちゃけ、靴を見て、そのブランドや良し悪しがぱっとわかる人はそうそういません(ホテルマンは靴屋じゃないし)。

ホテルマンが見ているのは靴の高級さではなく、その靴がきちんと手入れされているかどうか。

着ているものがいくら上等でも、靴の手入れにまで気が回っていないようだと・・・ってことのようです。
あと、靴はTPOに合わせたドレスコード的なものが決まっているので、靴の種類を見れば、どういった用向きの客かわかるからかもしれません。

逆に、TPOに合わせて靴を選ぶことは大切です。

○外人(欧米?)は靴にこだわる
私が仕事関係でお会いする方を見ている限り、そこは人それぞれな感じが(笑)

外国の方と言えどみんながみんな、ビシッと手入れが行き届いたすんごい靴を履いてるわけではないですね。


○マッケイ
日本ではとにもかくにも「グッドイヤーウエルトが!」って感じですが、IPPOにも出てきたように、マッケイにはマッケイの良さがあると思います。同様にセメントも。

重厚感があってフォーマルに合う、という点でいえば、(グッドイヤー)ウエルトが一番合致しやすいのは間違いないのですが、マッケイやセメントがそれに合致しないかと言えば、必ずしもそうではない。

それよりもむしろ、丈夫で長持ち、手入れをしながら革の経年変化を楽しめるってところが、(グッドイヤー)ウエルト製法の一番の魅力のように思えます。マッケイはまだしも、セメントは使い捨てだからなぁ。

逆にいうと、IPPOにも出てきたように、マッケイらしいしゅっとしたデザイン性の高い靴を、手入れしながらもそのまま履きつぶすって方が、ある意味贅沢で洒落乙なのかもしれません。


○ガラス靴
シンデレラではなく(笑)、ガラス革で作られた靴のこと。
ガラス革とは、銀面を削って樹脂コーティングした革のこと。銀面を削って均質化しているので、革として歩留まりがよく比較的安価。

ただ、表面を樹脂コーティングしてあるので、靴クリームがあんまり入らず、経年変化もない(というよりは劣化する方)ので革好きの人には嫌われる傾向にあります。

けれど、個人的に、ガラス革は日本向きな革だなと思います。理由は雨に強いから。樹脂コーティングのおかげで撥水性が高く、汚れも付きづらい。雨にぬれてもさっとふいてやるだけで十分。メンテナンスも楽。実際、ここのところ雨が多かったので、ガラス靴が大活躍でした。

加えて、樹脂の光沢があるため、ぱっと見、よく磨きこんだ靴に見える。そのため、周りの人からの評価は意外と高い。「よく、磨いてるね~。」みたいな。実際は、↑に書いてあるように布で拭いてる程度ですが(笑)

てなわけで、値段が比較的安く、革好きの人からは低く見られがちなガラス靴ですが、案外と捨てたもんじゃない、むしろうまく履けば非常に使い勝手のいい靴ではないかと思います。

てな感じでゴソゴソ書きましたが、

革靴に慣れていない人は、まずはガラス革のマッケイとかセメント製法の靴から入ってみるのもあり。

というか、ガラス靴は持っておくと何かと便利。

逆に、手入れしながら長く履くんだ!って向きには、やっぱりウエルト製法がおすすめ。

ただし、どんな靴でも手入れすることが前提。というか、革靴は手入れしてなんぼ。

てなところで。

革靴履いてる人には当たり前のことかと思いますが、まだこれからって人はご参考までに。

これはひょっとして・・・

先日、1卵だけ採卵できたきりかさんの卵。今のところはかびる気配もなく。

んー、これはひょっとして有精卵か?1卵だけの卵が孵るかどうかちょっと興味のあるところです。
あと、1~2週間ほどで次の産卵になりそうですが。

逆に、はくろさんの方はやはり産卵についていえば不調の様子。その後産卵の気配がありません。
この子は卵つまりっぽいところがあるし、産卵関係はちょっと不調かもしれないなぁ。

あるいは、ナルカミ君にがしがしやられていたし、交尾がうまくいってないかもだが・・・


てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む

なぜか魅かれる

IPPO 1~4巻(著;えすとえむ)、読了

たまたま入った大型書店に平積みになっているのを見つけ、試読版を読んだら面白そうだったので読んでみた。

内容は若い靴職人と彼が作る革靴の話。
男性用革靴の漫画とは珍しい。おっさん好物のうんちくなんかを織り交ぜながら、物作りというか職人の精神みたいなのが描かれていてかなりなツボ。

若干、男性用革靴の知識があった方が理解できるかと思いますが、全体的な雰囲気やストーリーは、まったくノー知識でも十分楽しめるかと思います。

しかし、私も革靴はそれなりに好きだが、革靴の魅力ってなんなんだろうね。なんかよくわからんが好きってところがある。

特に日本の場合、昔は草履だったわけで、革靴は重いとか窮屈とかで敬遠されるきらいがある。それでも、ある一定数の革靴好きがいるんだから不思議なもんである。

重厚感がある革製品。日常的に自分の体を支えるもの。フォーマルな服飾の中で、ほとんど唯一自分で手入れをする必要がある。
そういったところが魅力になっているのかね?雨の多い日本では、必ずしも革靴があっているとは思わないのですが。

さて、そんな革靴、新入社員の多いこの時期なのでちょいと書いとくと、

革靴はいいものを買っといた方がいいよ

これはよく言われることですが、本当にそう思います。

それはなぜかというと、本来的には、靴の形によってフォーマル度が決まっているので、靴を見ればその人の立ち位置がわかるから。

あと、着るものはサイズが多少合わなくても肩がこるか、大きすぎて・・・ぐらいなもんですが、サイズの合わない靴は足を痛めるからです(実際、私は小さい頃の靴の影響で右足が外反母趾気味(;;))

学生のときはあまり革靴を履いていないと思いますので、いきなり高価な革靴を買う必要はなく、むしろ、自分のサイズ感とか把握するために、まずは安めのマッケイ製法とかセメント製法の靴から入るのもありだと思います。そこから、よくお勧めされるグッドイヤーウェルト製法の靴にするとかね。

そんな革靴のあれやこれやを漫画で読みたい方、あるいは革靴が好きな方には、おすすめの一冊かと思います。

kawagutu160410


追:
あと、本作を読んでいて思ったのは、

○不思議な味のある画
線が漫画っぽくないのかな?どちらかというと、デッサン画を漫画的にしたというか。
画を描いている人は、題材からしてそうですが、デザインとかやっていた人なのかも・・・と思ってみたり。内容も、それらしい感じを受けるところがあるしね。

ただ、個人的に、靴漫画なのに、靴の画があまり魅力的ではないのはちょっと残念なところ。

○4巻の関西弁が完璧
4巻で登場する主人公のライバル格なキャラが、関西(京都)の人という設定。このキャラの台詞が

ひっじょーに関西弁(やや京都風)

これほど完成度が高い関西弁の漫画(台詞)読んだの久しぶりだわ(@@
関西らしい掛け合いも完璧。
これから類推するに、作者の人は関西の人かも・・・と思ってみたり。

そんなことを考えながら読むのも楽しい漫画です♪



変な天気と言えば変な天気

だいぶ暖かくなってきて、さすがにもうすぐ5月だなぁって感じですが、なんだか今年ははっきりしない天気が多いね。
曇りとか雨とか。

5月になったらカラッと五月晴れになることを祈ろう。

~ 植物紹介 ~

gagyu160423
良型臥牛という名で購入したもの。

うちの臥牛の中では一番は幅をひきます。ただし、葉肉はそれほど厚くないので、全体的に「どてっ」とした感じ。のっぺりしているというか。

ある意味、臥牛の名の通りな株なのかもしれません(笑)

元はそうじゃないからなぁ

ちょこちょこやってるImperial Saga。前から書いている通り、ちょこちょこやるには軽くていいゲームだと思います。
課金も優しいしね♪(というか、実質ほぼ無課金)

■Eなので、ぶっちゃけあんまし信用していなかったのですが、思ったよりは良心的かと思います。
システムもだいぶ変わってきたしね。

ちなみに、最近は☆6安定周回ができるようになったので、戦士の育成がはかどっております←今さら。
ふーむ、このゲーム、とりあえず☆6安定周回からがスタートっぽいなぁ。☆6安定周回できれば☆7は回れるし、そうなればかなり手堅い育成できるしな。

ということで、☆6あたりのことを書いてみますと、

とにかく火力。先制+全体攻撃で瞬殺するのが基本。いじょ

まあ、そんだけのゲームです(笑)
要するに火力高めの戦士級を何人かと、先制用の素早さが高いキャラ@1いれば☆6周回は余裕です。

おすすめの武器タイプは、体術(練気掌)、斧(ブレードロール)、弓(アローレイン)、ついで剣、小剣あたり。
全体攻撃のSPを修行で半減させておけばOK。
これぐらいだと、術はほとんど役に立ちません。

と、まあ、☆6あたりはこんなもんで十分なんですが、それ以上になってくると、役に立つ武器タイプや術が変わってきます。
逆にいうと、☆6あたりで大活躍だったキャラの使用頻度が減ってくる。

序盤;弓(でたらめ矢)、剣(残像剣)→中盤;上記、みたいな。
☆6近辺で大活躍してくれる斧なんかは、難易度上がってくると使い物にならなくなってくるようだし。

難易度によってキャラが変わっていくというのは、ある意味ロマサガっぽくはあるのですが、お気に入りで大活躍してくれたキャラが使い物にならなくなって引退・・・というのはちょっと寂しいもんがあります。

ロマサガっぽくはあるんだけど、なんかこう釈然としないというかね。
もうちょっとこう、継承的なシステムがあればいいんだがなぁ。今は技の伝授しかないし。引退キャラは、施設の肥やしにしかならんしな。
このあたり、もちょっと改変があるとうれしいかもです。


あと、先日、Imperial Saga初の「対人戦=コンバット」が実装されました。
対人戦といっても、プレイヤー登録キャラをPCが操作するってやつですが。

やってみたところでは、先制+状態異常が強くて、その戦法をとられるともはや運ゲー、ないしは「ずっとオレのターン!」状態に。
そうでなければ、割と単純な殴り合い=作業な感じ。今まであまり使われなかったようなキャラが、コンバットでは活躍できる場面がありそうのはちょっと面白いですが。

もともと対人用のゲームでもなし、全体的にはちょっとしたお遊び的な感じかなぁ。

ただ、開発の方でも先制+状態異常があんまりだと思ったのか、次回のコンバットでは、与ダメと状態異常率を下げるとのこと。
その他、ちょこちょこっとシステムを変更する様子。このへんの対応が素早いのは、さすがに国産ゲーというところか。

上記変更内容から考えると、次回はバフ系の技や術が有用担ってくるかもしれません。1戦が長引きそうだし。


システム的に、割とあっさり頭打ちになるタイプのゲームだと思いますが、正式リリースからもうちょっとで一年ほど。
↑に書いたように、決して悪いゲームではないと思うので、「まだまだやってやるぜ!」的なふんばりを見せてもらいたいですね♪

めったに代えないと

ちょっと前、きりかさんのケージのランプが切れる。

紫外線の必要量が低いことをいいことに、数年ほど交換せずにつけっぱにしていたら、どうもランプの一部がちょっとショートしたっぽい。球が切れてるにもかかわらず、根元がえっらい熱持ってました(汗

予備の交換球を置いていたのですぐに交換しましたが。

しかし、この手は安全面から定期的に交換した方がよさそうだなぁ。本来的には、切れる前に紫外線量が落ちるから、明かりはついても1年程度で交換するものだからね。

ということで、他のケージ用の予備ランプをネットで購入しようと検索してみたら、これまで使っていたのはすでに廃版の様子。
全く同じものはなくなっていたので、性能的に同等の、おそらく後継版に相当するっぽいものを購入しときました。
うーむ、廃版になるほどつけっぱにしてたか(^^;

ちなみに、購入したのは、エキゾテラ;ナチュラルライト13W(コンパクトトップ用)。

おそらく、同じようなもんだと思いますが、まだ交換してません(笑)


てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む

そういう時代なのかね

最近、保育園関係のニュースをよく目にする。私は子供がいないので、こんなことになっていたとはつゆ知らず。
そういえば、たまーに通勤電車で小さなお子さんつれた出社前と思しきお母さんを見かけるなと。

以前ちょいと書きましたが、昔、小学校と言えばその地域の中心地にあるもんでした。実際、私が車で土地勘のない地方出張なんかに行く場合、小学校は郵便局や公民館と並ぶ目印の一つでしたし。

その地域の中心に小学校を置き、地域ぐるみで子供を育てるって意識が強かったからかもしれません。

保育園は小学校とはまた別のものですが、「子供を育てる場所」という面では同じく大切な場所だと思います。それが、建設にあたって「子供の声がうるさい」とかで反対にあうとか、保育士の給料が安いとか、って話を聞くとなんだか切ないなと。

「いまさらそんなことに気づくな!」と言われそうですが、以前私が住んでいたある地方都市は保育所が結構充実していました※。たしか、1km四方に4園あると聞いたことがあります。それで、「へー保育所って結構あるもんなんだ。」と思っていたのですが、それはどうやらその地方の地域性のようで、そこをちょっと勘違いしていたようです。

さて、そのように都心部(?)では何かと反対される保育園(あるいは新設の小学校)ですが、風水的なことを言えば、子供は活気のある「陽」の気なので、小学校など子供が集まる施設が住宅の東側(日が昇る方角)にあるのは吉とされます。ということで、

近くに子供が集まる保育園や小学校があるというのは、風水的に非常によいことです。
特に気が虚しやすい高齢の方にとって、子供の「陽の気」が近くにあることは運気向上にもってこいです。


とかどっかの占い師にでも言わせたらどうかね?存外、年寄りにはこの手のが効果的だったりするし。

「子宝」って言葉通り、昔の人達は、「子は宝」、「子供が周りにいるということは活気があっていいこと」って認識があったと思います。特に年配の人にね。だから、小学校なんかはその地域の中心部にあった。

それが最近、保育園に反対するのは「静かな老後」とやらを送りたい年配の人だとか。
やれやれ、どこでどうしてこうなったのかねぇ・・・


※地元の人に聞いた話だと、その地方では子供を産んでも女性が働き続けるのは当たり前という風潮があり、それで昔から保育園の数が多いとのこと。地域によると思いますが、都心部よりもむしろ地方の方が女性にとって働きやすい環境が整っているのかもしれません(職があるかどうかはさておいてですが)。

こんなことも

仕事もひと山こえ、身の回りの片付けもめどがつき、植物の春の作業もひと段落したので、今週はぐーたらモードで。

といったところですが、熊本で大地震。
阪神大震災(関東で東北大震災)経験者なので、なんとなく落ち着かず・・・
被災地の皆様の無事をお祈りしております。

~ 植物紹介 ~

gagyu160416
無銘の良型臥牛として購入したもの。たしか、某専門店のご主人に「いい型になると思う。」と言われて購入したように思う。

して、作りこんでみるとなるほどな良型に。さすが、あのご主人の目は確かだったなと。

葉幅をひき、葉肉厚く、白点は目立たないタイプ。葉先はとがりますが、むしろそこに野性味が感じられて特徴のある株になっていると思います。

普通だとこれで終わってしまうところですが、この株の面白いところは斑入りの子をふいてきたとこ。しかも珍しく中斑状。
うちには何株か臥牛がありますが、斑入りの子をふいたのはこの株だけです(臥牛錦は除く)。

ひょっとするとこの株、斑入りの良型臥牛を作出する中で、斑が入らなかったため選抜落ちした株なのかもしれない。
長年作りこんでいるとこういうことに出くわすのも、植物栽培の妙味かもしれません。

侮れん・・・

前回、N○Kの本気ってな話を書きましたが、

oja

↓17歳

oja17

これだから侮れん。

おじゃる丸 17


とりあえず一卵

先週、きりかさんのおなかがぽんぽこりんに・・・って話を書きましたが、今週とりあえず一卵産卵。
仕事から帰ってきてみたら卵が見えたので焦りましたが(汗

一個だし無精卵の可能性が高そうですが、とりあえずふ化床に入れてサーモで温度管理。
無精卵なら二週間ぐらいでかびてくるので判断できるかと思います。

しかし、きりかさんは順調に産卵始めたけど、時期から考えるとやはりはくろさんは不調の様子。
目指せピンストライプ!だったのだけれど、これはちょっと次世代取るの難しいかもしれないね。

てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む

どっちが正解だ?

仕事がひと段落し、暖かくなって動きやすくなったこともあり、身の回りの片づけなんぞをバタバタと。

やっぱ、生活のリズムをつかむのには、転勤してから最低半年ぐらいはかかるなぁ。で、つかんだころには真冬というね。
そして、春分の日あたりから活発になってくるあたり、こんなおっさんでも季節にしたがって生きとるなぁと思います(笑)

しかしそれにしても、今年は春の雨が多いね。今日も雨こそ降らなかったが一日中曇りだったし。まさに、「穀雨」ってことか。
一雨ごとに緑が鮮やかになっていくような気がするね~。

tubaki160410
椿の実生もぐんぐん新芽が伸びてきました。

が、実生によって新芽の形状が違いすぎ・・・ 

多分、左がヤブツバキの実生で、右が街路樹から拾ってきたものだと思うのだが、椿って系統によってこんなにも新芽の形状が違うものなのかね?

うーん、謎だ・・・


N○Kの本気

ヲタの間で、「N○Kの本気」ってな言葉がある。

N○Kなんて・・・と思いがちだが、たとえアニメでもやるときはやってくれる、ってなニュアンスで使われる。
最初に聞いたのは「電脳コイル」のときだったかな。たしかにあれはN○Kの本気を見た気がする(笑)

他にもピタゴラスイッチとか何気にツボをついた番組を制作しているのは、知っている人は知っているところ。
そりゃまあ、朝の連ドラ作って、大河ドラマなんかもこさえちゃってる公共放送。受信料集めてるのは伊達じゃない。てか、受信料集めといてあんまりな作品作ってたらその方が問題だ。

と、前置きが長くなりましたが、

精霊の守り人(原作;上橋菜穂子)、第一部 全4話をみる。

大河ファンタジーとな。N○Kも思い切ったことやるなぁ。さあ見せてもらおうか、その本気とやらを!

・・・

うーん、微妙(´・ω・`)

決して悪くはないんだ。出演者豪華だし、美術も力入ってる。さすが、N○K、受信料はこんなところに使われてるんですね!と思えなくもない。

ただ、ストーリーがなぁ。良くも悪くも平板。癖はないのだがくるものもない。これが公共放送の限界か・・・

あと、バルサ役の綾瀬さんがなんとなくイメージ的にしっくりこない。キャッチフレーズの「泥だらけで~」ってーのがメイクで汚しいれてるからか、単純に薄汚れてる感になってるのが原因かもしれない。もちょっと地黒というか健康的に日焼けしたような人の方が良かったかもなぁ。

原作を読んでいないし、アニメ版も見ていないので、それらを知ってる人には意外としっくりくるのかもしれませんが、私的にはそこにどうも引っ掛かりを覚える。でもって、構成が平板だからつっかえつっかえ見てる感じ。

原作物でなおかつ公共ってことになるとこういった作品になるのかねぇ。
「とんがった作品LOVE」な偏ったおっさんの意見ですが(笑)

ちなみに、第二部は来年の1月だとか。思ったより引っ張るな・・・
ということで、第二部で見せてもらおうか、N○Kの(ry


追1:
上橋菜穂子でN○Kと言えば獣の奏者エリン。これはアニメ版を見てなかなか面白いなと原作も読みました。
が、原作は「小学校の図書室にありそうな本」だったので、私のような汚れたおっさんには純粋すぎてあえなく2巻で撃沈(汗
(要するに児童文学すぎる)

そういうおっさんが、精霊の守り人について何をか言わんをや、って話ではありますが(笑)

追2:
武人;ジグロ役の吉川晃司さんが渋い。下町ロケットのときもそうだったが。

ちょっと前まで、「チョコもなかじゃーーんぼ!」と熱唱していた人と

同じです。

東○漫画まつり(海外版)

バットマン VS スーパーマン(監督;ザック スナイダー)、を見る。

スーパーマンはマント、バットマンはアゴです。

~ 閑話休題 ~

見に行こうか行くまいか、ちょっと悩んで結局行ってしまったこの作品。

だって、戦闘能力だけでいけば、

悟空 VS ヤムチャ

なわけですよ。

となれば、「バットマンがクリプトナイト握ってスーパーマンをタコ殴りにする話かねー。」
ぐらいにしか思えないわけです。

あながち間違いではありませんでしたが(笑)

ただ、思ったよりはずっと面白かったなと。
世界観が全く違う2作品を混ぜたので、そこかしこに無理が見えますが、かなり思い切って持っていってます。その思い切りの良さが功を成してか意外とすんなり見れます。

スーパーマンの強大なパワーに危機感を抱いて「国が管理するんじゃー」っていいだすとか、それに対して俺しかいないだろ?的感じでバットマンが立ち向かうとか、そんなこと言いながら共通の敵が出てきたら一緒にやっちゃおっか、なんてーのはこの手のテンプレではありますが、テンプレであるがゆえに、型にはめると今のハリウッドはなかなか完成度高いものをこしらえてきます。

ハリウッドの映画制作のノウハウはもはや完成の域だよなぁ。

次回作の前ふり的にワンダーウーマンが出てくるあたり、昨今のマーベルものと同じパターン。もはや黄門様の印籠状態。
そういう意味では、安心して見れる作品です。

この手のヒーロー大戦的なのは、今の仮面ライダーしかり昔のマジンガーZ対デビルマン(古すぎ)しかり、ある種ファンサービス的なものなので、そう割り切ってスーパーヒーローの大暴れっぷりを堪能するのが良いかと思います。

スーパーマンはクリストファー・リーヴで、バットマンはダークナイト三部作で完成されちゃってるからね。



追1:
というわけで、間違っても、ノーラン監督の名作:ダークナイト3部作を引きずって見に行かないようにお願いします。

追2:
今回のバットマンの中の人(ベン・アフレック)。
ちょっとアゴ成分が足りない。
スーツ脱いでるときは雰囲気あって結構いいんだけどなぁ。

追3:
レックス・ルーサー役(ジェシー・アイゼンバーグ)はサイコ風な役を頑張ったなぁと思います。
が、頑張った感がそこはかとなくにじみ出ているのがなぁ。
やはりあのジョーカーには及ばない。

追4:
逆に、ワンダーウーマンはあたりかもしんねぇ。めっさ強いし、かっこいい。

ただ、今まで、実写で当たったことがないというワンダーウーマン

実写が当たるとか当たんねーとか言う以前の問題のような気がしてしょうがない。

追5:
顔出しで他のDCキャラが出てきたが、ザ・フラッシュ以外さっぱり知らん。
DCは奥が深いよなぁ。。。

変わりなく

2泊3日で出張してましたが、クレスさん達は相変わらず。

きりかさんのおなかがぽんぽこりんになってきたので、もちょっとで産卵かな?
あまり食欲は減っていませんが。


てなところで、今週のクレスさん。

続きを読む

ラスト1

植え替えも終わり、部屋に取り込んでいた植物も外に出し、冬越し作業はほぼ終了。

ここのところばたばたと忙しかったが、これで概ねひと段落。

seisinbai160403
最後に咲いたのはこの花、西神梅。
右側の弁が引っ掛かっていたようできれいに開き切りませんでしたが、それでも相変わらずいい花です♪

今週は出張があったり忙しかったので、来週にでも植え替えるか。
これの植え替えが終われば、今年の春の作業は完了。

しかし、ここのところ春蘭系で開花してるの↑の西神梅の他にちょいちょいで、しかもほとんど同じ品種に限られている。
今年はもちょっときれいに作りたいところだなぁ。

久しぶりに

ちょいと仕事の都合で大阪に。

ついでに地元の友達と飯を。なかば生存確認を兼ねてw

以前に書いたことがあるかもしれませんが、やっぱ昔の友人というの気がおけなくていいやね。
仕事での飲み会とかは、どうしても仕事よりの話になってしまうが、ツレとの飲み会だと、昔の思い出話含め、異業種の話とかいろいろ聞けて面白いやね。

持つべきものは友達、ってことで。

今回集まってもらった友人にthx。

長期休暇のときは家族サービスなんかでなかなか都合が合わなくなってきているが、また何かの機会に会いましょう(^-^)/

以上、私信でした(笑)

むせる

装甲騎兵ボトムズ 全話(監督;高橋良輔)、を見る。

ネット配信の無料期間が2週間。
2週間で全53話@約30分。

見る。延々見る。

むせる。

あげく見すぎたせいで、夢の中でスコープドッグがローラーダッシュ。

むせる。まじでむせる。

が、「ぺんさん、ボトムズは好きやと思うわ。」といわれてはや幾年月。

ベルゼルガは読んだ。ペールゼンファイルは見た。
「へー。で、本作はどうなんだ?」と思い続けて幾星霜。やーっとのことで全部見れたなと。なんだこの達成感(笑)

して、感想を言えば、

なんだこの完成度(@@

これはすごい。あの当時のアニメのクオリティの高さはすごかったんだと改めて。

ガンダムのターゲット層からちょっと大人向けというか少し年齢層高めに設定された本作。当時のそういった層に見事にはまり、いまだに高い評価を得ているのもうなずけます。

世界観の作りも非常に手堅い。
wikiを見ると、制作にあたって影響を受けた作品として、ブレードランナ、ランボー、ディアハンター、タクシードライバーなど、錚々たるタイトルが並んでいるが、それらをうまくリミックスしながら独自の世界観を作り出しており、極めてレベルが高い。

また、どうしても主人公のキリコにスポットが当たりがちだが、個人的には、ゴウト、バニラ、ココナのトリオの配置が絶妙だと思う。この3人組がいるからキリコが引き立つ。キャラクターの配置が絶妙。

リアルロボット系の最高峰と言われますが、ロボット(AT)の描き方、扱い方もすばらしい。あくまでも「兵器」としての立ち位置を最後まで崩さない。取り換えの効く兵器として扱うから、それを操作する人間の方にフォーカスが合う。

全52話をこんなところで語りつくすなんてなことはできないのでこのへんにしときますが、なるほどこれは無理して見ておいてよかったなぁと思いました。

この私が全52話をきっちり全部見るってだけでも、すごい作品だということがわかると思います(笑)
ちなみに、個人的に好きなのはサンサ編。レッドショルダーのマーチがくるね~。

と、色々書きましたが、個人的に好きなロボットアニメの順位は、

1位:バイファム、2位:マクロス

で変わらないかなぁ。

非常に面白い作品なんだが、↑にあげた影響を受けた作品をすでに見ているので、「あー、ここはあれなー。」的感じがあるのと、いわゆる「戦争もの」と言われる名画に比べると、やはりやや青少年向け感が否めないので。

青少年向けなら青少年向けとして、そっちに突っ込んだ作品の方が好き、ってーのが私のスタンスなので(背伸びした作品ではなく、という意味で)。

もともと、メカ物がそれほど好きじゃないというのもあるんだけどね(汗

色々書きましたが、見終わった後に妙な達成感があったのは事実。
後作に様々な影響を与えたという点でも、非常に優れた名作だと思います。

追:
ランボー(原作;たった一人の軍隊)は、続編が作られたり、スタローン主演だったりで娯楽作品のイメージが強いですが、後作に影響を与えた作品という点では名作だと思います。

元特殊部隊とか退役軍人最強伝説が生まれたのはこの作品からかと。
あと、グリーンベレー最強伝説とかな(笑)


サンサ編で流れるこの曲がヤバイ。というか、これの使い方がうますぎ。



「むせる」で有名なボトムズの主題歌。歌ってるのは↑の織田哲郎さんだとは知りませんでした(@@
ポカ○スエットだぬー。






プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器